世界L・ヘビー級3団体統一王者セルゲイ・コバレフをプロモートするメイン・イベンツCEO キャシー・デュバ氏は、米ボクシング中継局大手HBO Sportsと再契約することを表明。セルゲイ・コバレフは、現地時間2015年3月14日ジャン・パスカル戦後にHBOとの契約は期限が切れた。キャシー・デュバ氏は、今後も継続しHBOとビジネスしていく方針を示しておりHBOと新たな契約を結ぶと述べている。

セルゲイ・コバレフ次戦は、IBFランキング1位のナジブ・モハメディ(フランス)との義務的防衛戦を行うことが決まっている。ジャン・パスカル戦前にIBF指名試合が決まっていたが、IBF(国際ボクシング連盟)へ指名試合の例外処置を要請し、ジャン・パスカル戦後90日以内にナジブ・モハメディと指名試合をすることを約束しIBFから承認を得ている。

キャシー・デュバ氏は、ナジブ・モハメディとの試合を2015年6月か7月を開催を目処に考えているという。この試合はHBOで放送されない可能性もあるようだ。

Sponsor Link

コバレフ、スティーブンソンの統一戦

photo credit by:FightNights

photo credit by:FightNights

2015年にもライト・ヘビー級4団体統一戦でWBC世界ライト・ヘビー級王者アドニス・スティーブンソンとの統一戦が囁かれている。スティーブンソンのプロモーター イボン・ミシェル氏は、我々のゴールはセルゲイ・コバレフとの統一戦だとしコバレフ戦へ意欲的だが、2人が契約しているTV局が違うことから交渉が難航するだろうと述べている。

WBC(世界ボクシング評議会)は、スティーブンソンの指名挑戦者をセルゲイ・コバレフ、ジャン・パスカル戦の勝者を承認している。コバレフ、スティーブンソン一度は消滅したカードだ。試合実現にはTV局との調整、アル・ヘイモンも係ることで難航することが確実視されている。しかし、ボクシング・ファンの為にも2015年実現すべきカードだろう。

(Via: boxingscene)