2015年3月16日〜2015年3月22日までの世界のボクシング、海外ニュース情報、気になるトピックをまとめました。今週は、ボリュームがあるので目次をつけたので気になる記事を御覧ください。

メイウェザー、パッキャオ戦

マニー・パッキャオのアドバイザーであるマイケル・コンツ氏は、フロイド・メイウェザーJr.陣営が、薬物テストが失敗した場合500万ドルのペナルティを受け入れることを辞退したことをESPN.comに(日本時間20日)話したことが明らかとなった。この罰則は、マニー・パッキャオ陣営がメイウェザー陣営に提案したもので、薬物検査が失敗した場合に500万ドルを支払うことを要求していた。

記事:メイウェザー、パッキャオ5億の罰金、薬物検査続報5月2日最新情報

関連記事:メイウェザー、パッキャオ、ドーピング検査を受けていた

メイウェザー、パッキャオ 勝敗予想投票

今回、どちらが勝つのか?勝敗予想の投票を開始しました。ご協力いただければと思います。現段階では、「パッキャオKO勝利」の声が多いです

[polldaddy poll=8726992]

関連記事:現時点でのまとめ、メイウェザー、パッキャオ 2015年5月2日最新情報

Sponsor Link

正式決定!ロマゴンHBOで5月16日エドガー・ソーサと2度目の防衛戦を行う

photo credit by:boxingscene

photo credit by:boxingscene

現地時間2015年3月17日、WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスがHBO(米国大手ボクシング中継局)でデビューすることが正式に決定した。試合は、5月16日米カリフォルニア州イングルウッド「The Forum」ゲンナディ・ゴロフキン、ウィリー・モンローJr.のダブル・タイトルマッチをHBOが放送。WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスは、エドガー・ソーサを相手に2度目の防衛戦を行う。

記事:正式決定!ロマゴンHBOで5月16日エドガー・ソーサと2度目の防衛戦を行う

岩佐亮佑、ハスキンスと暫定王者決定戦か?!

image source to:fightnews.com

image source to:fightnews.com

IBF世界バンタム級挑戦者決定戦が中止となり不運続きの岩佐亮佑(セレス)に世界戦のチャンスが到来。IBF(国際ボクシング連盟)は、IBF世界バンタム級3位の岩佐亮佑と、同級4位リー・ハスキンス(英)によるIBF世界バンタム級暫定王座決定戦を指令した。IBFは両陣営に交渉を開始するように通達。30日以内に交渉が纏まらない場合は、興行権は入札となる。

記事:岩佐亮佑、ハスキンスと暫定王者決定戦か?!

正式決定、リナレス、ミッチェル5月30日イギリスO2アリーナで開催

photo credit by:The Ring Magazine

photo credit by:The Ring Magazine

マッチルームスポーツ、エディ・ハーンは、現地時間5月30日、英国ロンドンにあるO2アリーナで、WBC世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)と、リナレスへの挑戦権をもつランキング1位のケビン・ミッチェル(英国)が対戦することを正式に発表した。ミッチェルをプロモートするエディ・ハーンは、リナレスの試合をプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)との交渉が合意に至ったことをスカイ・スポーツで発表。

記事:正式決定、リナレス、ミッチェル5月30日イギリスO2アリーナで開催

亀田和毅、マクドネル5月9日米国で試合決定か?!

image source to:The Ring

image source to:The Ring

WBO世界バンタム級王者亀田和毅とWBA世界バンタム級レギュラー王者ジェイミー・マクドネル(英国)の統一戦が、現地時間2015年5月9日、米国テキサス州サンアントニオで開催されることが最終合意間近であることが(日本時間21日)に分かった。ジェイミー・マクドネルのプロモーターであるマッチルーム プロモーションズは、24時間以内に正式アナウンス出来るとSNSを通じて発表した。

記事:https://in44y.com/boxing/boxingnews/5136/

チケット購入、山中慎介、ディエゴ・サンティリャン

image soure to:The Ring

image soure to:The Ring

WBC世界バンタム級王者山中慎介が、2015年4月16日大阪ボディメーカー・コロシアムで、WBCランキング7位の無敗の挑戦者ディエゴ・サンティリャンを相手に8度目の防衛戦を行うことが決定。同興行のアンダーカードに、辰吉寿以輝(辰吉丈一郎の息子)のデビュー戦も行われることが決まっている。チケットは既にリングサイドは完売、2階席スタンドA席のみ購入可能だ。チケット購入は、こちらからどうぞ。

記事:チケット購入、山中慎介、ディエゴ・サンティリャン

ペドロ・ゲバラ、角谷淳志と防衛戦か?!

image source to:The Ring

image source to:The Ring

WBC世界ライト・フライ級王者ペドロ・ゲバラ(メキシコ)が、現地時間2015年4月11日メキシコで角谷淳志(金沢)を相手に初防衛戦が行われるよう現在交渉が進められていることが明らかとなった。

ペドロ・ゲバラは2014年12月30日、井上尚弥が返上し空位となったWBC世界ライト・フライ級王座決定戦で八重樫東に勝利している。角谷は2013年8月31日、敵地メキシコで元WBC世界ライト・フライ級王者アドリアン・エルナンデスへ挑戦するがTKO負けし王座奪取に失敗。ペドロ・ゲバラとのタイトルマッチが決まれば2度目のチャンス到来となる。

(Via: boxingscene

マルケス引退か?

image source to:INTERAKSYON

image source to:INTERAKSYON

元4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケスのトレーナーとして知られてるナチョ・ベリスタインは、フアン・マヌエル・マルケスの引退を望んでいることを明かした。マルケスは、2014年にトレーニングを再開する予定だったが、膝の状態がが悪くリハビリを余儀なくされている。

マルケスは、今後については膝の回復具合で決めると述べていたが、ナチョはマルケスから今後について明確な回答を得ていないと述べている。2014年5月にマイク・アルバラードに勝利して以来、マルケスはリングへ上がっていない。

引退も囁かれるが、一方でケル・ブルックとの対戦案も浮上。しかし、ナチョ・ベリスタインはマルケスの家族の為にも引退を望んでいるという。マルケスは41歳、年齢だけを観れば引退が近いのは明確。ライバルであるマニー・パッキャオと共にボクシング界に残した功績は大きい。

(Via: boxingscene

ゴロフキン、モンロー、チケット販売開始

米国現地時間、2015年5月16日カリフォルニア州イングルウッドにある「The Forum」で行われる、WBC暫定/WBA/IBO世界ミドル級王者 ゲンナディー・ゴロフキン、ウィリー・モンローJr.のチケットが、3月17日(ET)に販売されることが決まった。チケット価格は、$300, $200, $100, $60, $30。購入はticketmaster、Forum Box officeで購入することが出来る。

尚、この試合のアンダーカードにWBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスとエドガー・ソーサの一戦が組み込まれる可能性が有る。興行を主催するK2プロモーションと全米で試合を中継するHBOとの間で交渉が進んでいる。

関連記事:ロマゴン、5月16日HBOでゴロフキンのアンダーカードで放送が最終合意間近

ケル・ブルック ジョジョ・ダン Showtimeで放送

image source to:The Ring

image source to:The Ring

IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックは、イギリス現地時間3月28日、シェフィールドにあるモーター・ポイント・アリーナでIBFランキング2位のイヌオット・ダン・イオンと初防衛戦が行われる。初防衛戦の模様は米国ボクシング中継局大手Showtimeが、午後3時15分(ET)からライブ中継することが決定。

また、同日、米ネバタ州ラスベガスにあるパームス カジノ&リゾートで行われるWBC世界フェザー級タイトルマッチ、ジョニー・ゴンサレス、ゲイリーラッセルJr.の放送が同局Showtimeで午後7時から中継、アンダーカードのジャーメン・チャーロ、バネス・マルティロシアンの試合を放送。その後、IBF世界ウェルター級タイトルマッチ、ケル・ブルック、イヌオット・ダン・イオンの試合の再放送をすることが決まっているようだ。

ケル・ブルックは、初防衛戦を2014年12月に行う予定だったが、休暇先で暴漢に足を刺され延期。ジョジョ・ダンをクリアすれば6月にビッグ・マッチが計画されているという話も聞く、怪我からの復帰戦先ずは勝利して欲しい。

関連記事:ケル・ブルック6月13日にビッグ・マッチを計画

長谷川穂積 5/9 世界ランカーを相手に復帰戦

image source to:AZN BADGER's BLOG

image source to:AZN BADGER’s BLOG

元世界2階級制覇王者で日本のボクシング界を牽引した長谷川穂積(真正)が5月9日神戸市中央体育間でWBC世界スーパーバンタム級9位のオラシオ・ガルシア(29戦全勝 無敗)と再起戦を行うことを16日発表。試合はノン・タイトル フェザー級10回戦で行われる。

長谷川穂積は、2014年4月23日にキコ・マルチネスに敗れた以来、1年1ヶ月ぶりのリング復帰戦となる。長谷川は復帰戦について強者の世界ランカーとの対戦を望んでいたという。キコ・マルチネス戦で敗れた長谷川は引退説も多く流れた。

https://www.youtube.com/watch?v=PAKgpUZQKxE

オラシオ・ガルシアは24歳、29戦全勝(KO21)KO率は72%を誇るハード・パンチャー、再起戦の相手としては危険すぎる相手と言って良い。ガルシアはネームバリューは無いが、長谷川が戦ってきたジョニー・ゴンサレス、フェルナンド・モンティエル、キコ・マルチネスに匹敵する危険な相手。

長谷川は、本来得意とするフットワーク、スピードを駆使して試合を組み立てなければ厳しい試合となるだろう。あえて強者との対戦を選択した長谷川穂積、再起戦にかける思い覚悟があることが伝わってくる。

カネロ、カークランドのアンダーカード

photo credit by:badlefthook

photo credit by:badlefthook

関係者によると、米国現地時間2015年5月9日、米テキサス州ヒューストンにあるミニッツメイド・パークでおこなわれる、サウル・カネロ・アルバレス、ジェームズ・カークランド戦のアンダーカードにスーパーライト級トップコンテンダーのウンベルト・ソト、IBFスーパーライト級12位のフランキー・ゴメス(米)の一戦が計画されていることが明らかとなった。

https://www.youtube.com/watch?v=qM395WOC8M4

ウンベルト・ソトは、2014年9月13日、ジョン・モリナJrに判定勝利。ソトは、WBC/WBO/IBFの上位にランキングされ世界戦の機会を伺う。次戦の対戦候補は、23歳のホープ、フランキー・ゴメス。ゴメスのレコードは全勝(KO13)、新旧対決だ。ソトに勝利することができればゴメスは一段階上のステージに立つことができる。フィジカル、パンチで上回るゴメスにソトがどう戦うか、カネロ、カークランドを盛り上げるアンダーカードになることは間違いない。

コット、GGG統一戦の行方

WBA/IBO/WBC暫定世界ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキンのプロモーター、K2プロモーション トム・レフラーは、WBCの正規王者ミゲール・コット(プエルトリコ)陣営と統一戦を実現する為にコンタクトをしたが、回答を得ることができなかったと話している。

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、正規王者ミゲール・コットに対し、次戦以降に暫定王者ゲンナディ・ゴロフキンとの統一戦をするよう指令。コットは、次戦は選択試合をWBCから容認されているが、それ以降ゲンナディ・ゴロフキンとの統一戦が義務付けられている。

先日、コットはJay-Z率いるロック・ネイション・スポーツ(以下RNS)と電撃契約を果たしたが、次戦は6月だが対戦相手は決まっていない、GGGとの統一戦も義務つけられているがRNSと契約したことで対戦の実現性がより一層不透明感が増した。サウル・カネロ・アルバレスとのファイト・マネーは約12億円だったが辞退したことがHBOの関係者によるリークで明らかとなっている。RNSとの契約内容の詳細に関しては不明だが巨額の金額で契約したという。

コットは、RNSとの契約インタビューで次戦(6月)はWBC世界ミドル級で戦うと述べたが、それ以降はスーパーウェルター級へ変更することを示唆。次戦は、アンドレ・ウォードとの興行が予想される。対戦相手については現段階では不明だが、コーネリアス・バンドレージが候補として上げられている。

トム・レフラーは、コットとの対戦が実現しなかったことについて、我々は対戦を待っているつもりは無い。試合をすることを再優先として考えていると述べている。コット、ゴロフキン、テクニック、パワー、ハート全てのバロメーターでゴロフキンが上回っている。コットにとってGGGと対戦することはデメリットでしかない。次戦以降はスーパーウェルター級に階級を下げる可能性が高いと考えている。

(Via: boxingscene

PBC on SpikeTV4/24 ダブルヘッダー

Premier-Boxing-Champions

現地時間、4月24日(金曜日)米イリノイ州シカゴにあるUICパビリオンで行われる「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(以下PBC)でダブル世界戦が行われることが決まった。WBA世界ミドル級タイトルマッチ、ダニエル・ジェイコブス(米)がカレブ・トラックス(米)相手に初防衛戦、WBC世界スーパーミドル級で、アンソニー・ディレルが、同級ランキング8位のバドゥ・ジャック(スウェーデン)を相手に初防衛戦を行うことが決定。

興行は、ウォリアーズ・ボクシング、メイウェザー・プロモーションズで共同で開催することが決定。試合の放送は午後9時(ET時間)、午後8時(PT時間)からスパイクTVで放送されることが決まっている。尚チケットはチケットマスターで既に販売されており、チケット価格は、$151, $101, $51, $31 +サービス料金、となっている。

ダブル世界戦に出場する、2人の世界王者は今回が初防衛戦。互いの挑戦者も今回が初の世界挑戦となっている。バドゥ・ジャックは、メイウェザー・プロモーションズ傘下のファイター、メイウェザー・プロモーションズ CEO レナード・エラルベは、素晴らしいボクシング・イベントを共同促進することが出来興奮ていると延べ、バドゥ・ジャックのベルト奪取を強く望んでいることを明かした。

(Via: boxingscene

今週の主な試合

3/26

開催地:東京 後楽園ホール

・日本ミニマム級タイトルマッチ 10回戦
大平剛 vs. 岨野豊

3/28

開催地:米ネバタ州ラスベガス パームス カジノ&リゾート
放送:Showtime Champion Boxing

・WBC世界フェザー級タイトルマッチ 12回戦
ジョニー・ゴンサレス vs. ゲイリー・ラッセルJr.

・スーパーウェルター級 10回戦
ジャーメン・チャーロ vs. バネス・マルティロシアン

開催地:英国シェフィールド
放送: SkySports & Showtime

・IBF世界ウェルター級タイトルマッチ 12回戦
ケル・ブルック vs. ジョ・ジョ・ダン

開催地:フィリピン

・スーパーバンタム級 12回戦
ノニト・ドネア vs. ウィリアム・プラード

・WBO世界ライト・フライ級タイトルマッチ 12回戦
ドニー・ニエテス vs. ジルベルト・パーラ

今週のWOWOWエキサイトマッチ

WOWOWライブ 3/23(月)夜9時スタート

・WBA世界ウェルター級タイトルマッチ 12回戦
キース・サーマン vs. ロバート・ゲレロ

・スーパーライト級 12回戦
エイドリアン・ブローナー vs. ジョン・モリナJr

筆者も加入している「 WOWOWエキサイトマッチ 」では、フロイド・メイウェザーJr、マニー・パッキャオ、の試合をはじめ主要4団体のタイトルマッチを含め世界のボクシングを提供してます。世界のボクシングに興味がある方は、以下のリンクから是非登録してください。

WOWOW