マッチルームスポーツ、エディ・ハーンは、現地時間5月30日、英国ロンドンにあるO2アリーナで、WBC世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)と、リナレスへの挑戦権をもつランキング1位のケビン・ミッチェル(英国)が対戦することを正式に発表した。ミッチェルをプロモートするエディ・ハーンは、リナレスの試合をプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)との交渉が合意に至ったことをスカイ・スポーツで発表。

同興行はダブル世界タイトルマッチが予定され、IBF世界フェザー級タイトルマッチ イフジェニー・グラドビッチ(ロシア)が、指名挑戦権をもつリー・セルビー(ロシア)と防衛戦を行う事が決定。当初この対戦カードは、4月25日ロンドンでIBF世界スーパーミドル級王座決定戦にて「ジェームス・デゲール(英国)、アンドレ・ディレル(米)」の興行で行う計画だったが、ウォーリアーズ・ボクシング・プロモーションズが興行権を落札し、ハーンは計画変更を余儀なくされた。

Sponsor Link

こちらの記事でも紹介したが、ホルヘ・リナレスの次戦にはユリキス・ガンボアが上がり交渉されていたが交渉が決裂したようだ。ケビン・ミッチェルは昨年、リナレスへの挑戦権をかけてダニエル・エストラーダに勝利。世界戦は、マイケル・カツィデス(英国)、リッキー・バーンズ(英国)と2度挑戦しているが何れもベルト奪取に失敗している。リナレスは、2014年12月30日ハビエル・プリエトと王座決定戦でベルトを獲得。勝利者インタビューでは、他団体のベルトにも興味を示し統一王者になることも示唆している。敵地で初防衛戦となりタフな試合が予想されるが、ミッチェルに勝利し防衛ロードを築いて欲しい。

(Via: boxingsene