K2プロモーションズ トム・レフラーは、2015年5月16日米カリフォルニア州イングルウッドにある「The Forum」で、WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレス、エドガー・ソーサ(メキシコ)の試合を米大手ボクシング中継局HBOで放送することが合意間近であることを明かした。同日、ゲンナディ・ゴロフキンが、ウィリー・モンローJr.と14度目の防衛戦を行うことが決まっている。

ゲンナディ・ゴロフキンをプロモートするK2プロモーションズ トム・レフラーは、金曜日(13日)にゴロフキンが次戦ウィリー・モンローJr.と14度目の防衛戦を行うことを発表。正式発表は、現地時間3月17日ロサンゼルスで記者会見で発表される。

Sponsor Link

ロマゴン、カルバハルの再来

HBOがローマン・ゴンサレスに興味を示し同局で試合を放送したい意向を示していた。HBO非公式ジャッジ ハロルド・レダーマンは、元ライトフライ級統一王者マイケル・カルバハル(米)の再来だとゴンサレス絶賛。「マイケル・カルバハル vs. ウンベルト・ゴンサレス」のような歴史的名勝負となる対戦カードをHBOで観たいと述べている。

ローマン・ゴンサレスのマネージャーであるガルロス・ブランドンによれば、2015年はWBOスーパーフライ級王者 井上尚弥とのスーパー・ファイトを望んでいることを明かしている。ゴンサレスは、2月28日故郷ニカラグアで、ヴァレンティン・レオンとスーパーフライ級リミットで対戦し、レオンを圧勝。スーパーフライ級で適応できることを証明した。ゴンサレスがHBOで全米デビューを果たせば、米国での評価も高い井上尚弥との対戦は世界から注目されることは確実だろう。

(Via: ESPN Boxing