今日気になった、3月7日PBC興行の主要カードのファイトマネー、ミッキー・ベイの次戦について記載します。

米国現地時間2015年3月7日、米ネバタ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・ガリーナでおこなわれる、「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)の主要カードのファイトマネーが、ネバタ州アスレチック・コミッション(NSAC)より発表された。

WBA暫定ウェルター級タイトルマッチ12回戦、キース・サーマン(王者)1.5Million(日本円で約1億8100万円)、ロバート・ゲレロ(挑戦者)1.225Million(日本円で約1億4780万円)。ノン・タイトル スーパーライト級12回戦、エイドリアン・ブローナー 1.25Mllion(日本円で約1億5100万円)、ジョン・モリナJr. 450K(日本円で約5430万円)。ノン・タイトル フェザー級10回戦 アブネル・マレス(日本円で約6032万円)、アルツロ・サントス(日本円で約242万円)。

試合の詳細は、こちらの記事をご覧ください

Sponsor Link

IBF世界ライト級王者ミッキー・ベイ

2014年9月にミゲル・バスケスに勝利しIBF世界ライト級王者となったミッキー・ベイ(米)が、ミゲル・バスケスとの試合で右手を負傷し10月に手術を受けていたことが分かった。右手の怪我については、医師からトレーニング開始の許可が降りたと話している。次戦、ミッキー・ベイは、デニス・シェフィコフ(ロシア)との防衛戦が義務付けられているが、双方のプロモーターの関係性から恐らく入札となる可能性が高い。ミッキー・ベイは、メイウェザー・プロモーションズがプロモート、デニス・シェフィコフは、トップランクがプロモートしている。

関連記事:・アル・ヘイモン政権、サーマン、ゲレロ、PBC注目の興行がスタートする