Matchroomスポーツ エディ・ハーンは、プロモートするIBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック、アミール・カーンの対戦実現に向けて交渉を開始、ブルックは4団体ウェルター級統一戦のプランがあることを明らかにした。アミール・カーンは、フロイド・メイウェザーJr.の次戦の最有力候補だったが、マニー・パッキャオとの世紀の一戦が正式に決まり、カーンが望んでいたフロイド・メイウェザーJr.、マニー・パッキャオとのビッグ・ファイトが流れた。

ケル・ブルック次戦は、3月28日故郷イギリス、シェフィールドにあるモーター・ポイント・アリーナでIBFランキング2位のイヌオット・ダン・イオンと初防衛戦が行われることが決まっている。アミール・カーンとのビッグファイト実現には、イヌオット・ダン・イオンに勝利することが条件となる。

エディー・ハーンは、アミール・カーンのチームとコンタクトをとっており、カーンはフロイド・メイウェザーJr.との対戦を待っていたことを明らかにしている。フロイド・メイウェザーJr.はマニー・パッキャオとの世紀の一戦が決まっている。エディ・ハーンは、ブルック、カーンとの対戦は理にかなっているとし、イギリスで、ケル・ブルック、アミール・カーンがが実現すればビッグマッチとなると延べた。

Sponsor Link

ウェルター級4団体統一戦を示唆

image source to:The Ring

image source to:The Ring

エディ・ハーンは、ケル・ブルックに今後の対戦プランにウェルター級4団体統一戦も考えているようだ。2015年夏頃にアミール・カーンとビッグマッチその後、フロイド・メイウェザーJr.マニー・パッキャオの勝者とのウェルター級4団体統一戦、or、ファン・マヌエル・マルケスとの対戦を考えているようだ。

フロイド・メイウェザーJr.の5月以降は、2015年9月メキシコの独立記念日になることが確実視されている。ケル・ブルックは次戦が3月28日、カーンとの対戦が6月〜7月頃であると予想をすると期間が少ないようにも思えるが、フロイド・メイウェザーJr.、マニー・パッキャオ戦後のビッグ・ファイトを考えると、ウェルター級4団体統一戦は青写真としてあるかもしれない。

(Via: boxingscene