ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)は、27日(金曜日)に、2015年3月20日、米カリフォルニア州インディオにあるファンタジー・スプリングス カジノ&リゾートで、メインイベントとして、亀海喜寛、アルフォンソ・ゴメスが対戦することを正式に発表。10ラウンド、150ポンドの契約ウェイトで試合が行われる。米FOX Sports 1、「Golden Boy Live!」で放送されることが決定している。

亀海喜寛は、ロバート・ゲレロに敗戦し、2014年12月米ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナでオスカー・ドゴイと復帰戦を行いTKO勝利を飾っている。アルフォンソ・ゴメスは、元世界ランカーで、ショーン・ポーター、サウル・アルバレス、ヘスス・ソト・カラス、ミゲール・コットとの対戦経験があることから、亀海は実力者のゴメスに勝利することができれば次戦トップコンテンダーとの対戦が見えてくる。

Sponsor Link

亀海喜寛は、2015年1月に米国大手ボクシング・プロモーターGBPと日本人初となる契約を交わした。契約を交わした背景は、2014年6月21日にウェルター級トップコンテンダーのロバート・ゲレロと対戦し米国で大きな評価を得たことが大きい、こちらの記事で紹介したが、GBPがアル・ヘイモンと契約しているファイターのプロモーション契約を破棄し、大量のファイターを失ったことも契約を交わした背景の要因の1つとして有るかもしれない。

亀海は、実力者であるゴメスを破ることが出来ればウェルター級トップコンテンダーとのマッチメイクが見えてくるが、ウェルター級トップコンテンダーのファイターはアル・ヘイモン傘下にあることから、GBPはアル・ヘイモンとのマッチメイクが必要となる。オスカー・デ・ラ・ホーヤは、こちらの記事で紹介したとおり、リゴンドー、サンタ・クルスのマッチメイクでヘイモンに阻まれ、サンタ・クルスをヘイモンに売却している。今後のGBPーヘイモンとの関係性についても注目していきたい。

(Via: The Ring Magazine