2019年7月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪で挙行されるWBA世界ミドル級タイトルマッチ、王者ロブ・ブラント(米)対村田諒太(帝拳)戦の観戦チケットの販売がスタート、現時点で、3試合が決まっている。チケット購入はこちらから。すでにチケットの種類によっては完売しているシートもあるので現地観戦予定の方は早めの購入をオススメします。

対戦カードはこちら

 現時点で、決まっているカードは以下の通り。開場17時、第一試合開始は17時45分となっている。

・WBA世界ミドル級タイトルマッチ
ロブ・ブラント対村田諒太

・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
拳四朗対ジョナサン・タコニン

・WBOアジアパシフィックSフェザー級タイトルマッチ
ジョー・イノナイ対清水聡

 チケット券種は以下のとおり。

券種 値段
リングサイドA 50,000円
リングサイドB 30,000円
リングサイドC 20,000円
指定席A 30,000円
指定席B 20,000円
指定席C 10,000円
指定席D 6,000円

チケット購入はこちら

Sponsor Link

拳四朗はタコニンと6度目の防衛戦

 イベントは、ダブル世界タイトルマッチとして行われ、ロンドン五輪メダリストの清水聡(大橋)の出場も決まった。WBC世界ライトフライ級王者拳四朗(BMB)がWBC同級1位ジョナサン・タコニン(フィリピン)を相手に地元関西で6度目の防衛戦に臨む。

 6度目の防衛が決まった拳四朗は、地元関西での初防衛戦を迎える。米リング誌1位につける拳四朗、海外メディアのあいだでも評価は上がっている。勝てば、IBF王者アルバラード、WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人との統一戦の期待が高まる。

清水はWBO地域タイトル戦

 タイトルマッチの期待がかかる清水聡は、1階級上げてWBOアジア太平洋スーパーフェザー級王者ジョー・ノイナイ(フィリピン)へ挑戦する。


チケット購入はこちら

Sponsor Link