ガール・フレンドへの暴行容疑で起訴されていたジャーメル・チャーロ(米)に無罪判決が言い渡された。有罪となった場合3年から10年の懲役の可能性があった。
 
 5月18日、チャーロはガール・フレンドへの暴行容疑で逮捕。チャーロは、2万ドル(約221万円)の保釈金を支払い釈放され容疑を否認していた。

 6月19日、提出された起訴状によると、チャーロは女性の髪を掴んで引っ張り、首を締め、フェンスや床に押し付け暴行したという。チャーロは、ガール・フレンドを暴行した容疑で逮捕、起訴された。

Sponsor Link

 チャーロの弁護士は次のように述べていた。「ガール・フレンドの主張を裏付ける明確な証拠はない。法定で事実を明らかにすることが重要だ」

 ようやく安堵だろう。直近2戦はこの件で受けたメンタル面の影響があったのかもしれない。チャーロは、2018年6月9日、オースティン・トラウト(米)戦の数週間前に逮捕されている。

photo by:boxingscene


 2018年12月22日、トニー・ハリソン(米)との防衛戦は判定結果は物議を醸したが、王座から陥落した。ハリソンとの再戦は6月に向けて交渉が進められている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link