Sフェザー級では、スピード、パワー、スキル、全てにおいてナンバーワンと言っても過言ではない。スターになる素質を兼ね備えてはいるもの、クローズ・アップされるのはスキャンダル、暴行事件沙汰のニュースが絶えない。

 TMZ(米ゴシップサイト)によれば、WBA世界Sフェザー級王者ガーボンタ・デービス(米)は軽犯罪で逮捕令状がでているという。現地時間2月17日、米バージニアにあるショッピング・モールのATMコーナーで、口論となり揉めていたという。

Sponsor Link

デービは最高で懲役1年と罰金

photo by:boxingscene


 目撃者の証言によると、デービスは、現場に駆けつけた警察官に対し、押すなど敵対的な態度をとったという。その警察官によると、デービスはATMコーナーで男と殴り合っていたと話している。

 被害者は、事件のあとデービスを告訴。2月27日デービスに逮捕令状が出た。有罪判決を受ければデービスは、最高で1年の懲役と2500ドル(約27万円)の罰金が科せられる可能性がある。

 デービスはツイッターでTMZの報道は「でたらめだ」と容疑を否認している。

 もともと、米国でもボルティモアという治安が良くない地域で生まれ育ったデービスは、この手のスキャンダルが多い。2019年9月、ワシントンD.Cにあるバーの外で、口論となった男性と殴り合いの喧嘩をして逮捕されている。
 

(Via:ESPN

Sponsor Link

デービスの関連記事はこちら

ガーボンタ・デービス次戦アブネル・マレスとの防衛戦が決定!

WBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルスとのメキシカン対決に敗れたアブネル・マレス、メキシカン・レジェンドらと肩を並べることができるだろうか。負ければ踏み台、デービスとのリスキーな一戦に挑戦する。 …