ようやく再戦の舞台が整いそうだ。WBC世界Sフライ級王者シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)/52戦47勝(41KO)4敗(2KO)1NCと同級ランキング1位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)/41戦38戦(26KO)3敗の再戦は現地時間4月26日米ロサンゼルスで計画されていることが分かった。

 米リング誌によれば、いくつか魅力的なマッチアップが組まれる。イベントはDAZN(ダ・ゾーン)でストリーム配信される。


Sponsor Link

WBA・IBFSバンタム級王座統一戦ローマン対ドヘニーがセット

 もちろん、イベントのメインにセットされるのはシーサケット対エストラーダの再戦。アンダーカードにWBA世界Sバンタム級王者ダニエル・ローマン(米)/29戦26勝(10KO)2敗1NCとIBF世界Sバンタム級王者T.Jドヘニー(アイルランド)/21戦全勝15KOの王座統一戦も組まれる。
 
 ドへニー、ローマン、双方はマッチルーム・ボクシングと契約。弊害もなく両陣営が臨めばDAZNで早期に実現するカードだった。ドヘニーは1月18日、米ニューヨークMSGシアターで多くのアイリッシュが見守る中、高橋竜平に勝ち初防衛戦に成功。そのあと、リングサイドにいたWBA王者ローマンがリングにあがり、互いに統一戦を臨んでいることを表明した。

 日本で馴染み深いドへニーは、岩佐亮佑からIBFタイトルを奪ってる。母国アイルランドでアマチュア、キャリアをスタートさせ、オーストラリアへ移住。現在はアイリッシュ・コミュニティのある米ボストンに移り住み、タイトル獲得後は、マッチルーム・ボクシングと契約を結んでいる。

 その他、ジェシー・バルガス(米)と元IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)の交渉が進められアンダーカードにセットする方向だったが破断。現時点で対戦相手は未定だが、ジェシー・バルガスの154ポンド(Sウェルター級)デビュー戦が組まれるという。

Sponsor Link

シーサケット対エストラーダ再戦はフォーラム

photo by:boxingscene

 シーサケットは、アジアで勢力を拡大するOne Championshipと契約したことで、エストラーダとの再戦が行われるか不透明だったがようやく再戦が実現しそうだ。米メディアによると、決戦地はカリフォルニア州イングルウッドにあるフォーラムが会場の候補としてあがり、すでにカリフォルニア州のコミッションに要請済みだという。

 シーサケットは、米プレミアム・ケーブルTV局HBOが北米で開催する軽量級Superflyシリーズのメインとして活躍。Superfly3のイベントに出場する見方だったが、急遽One Championshipと契約することを発表。今後の動向に注目が集まっていた。

 その後、One Championshipは、米国のワーナーメディア傘下のターナー・スポーツと3年契約することを発表。1月19日インドネシア、ジャカルタで初イベントを行うことを発表していた。

Sponsor Link

シーサケットはマッチルーム・ボクシングと契約

 「マッチルーム・ボクシングUSA、DAZNと一緒に仕事ができることを光栄に思っています。この機会を作ってくれたチームのみんなと、関係者に感謝しています。マッチルームDAZNが提供する米国の舞台で戦えることに興奮しています。すべてのファンにエキサイティングな戦いを提供することを約束します」

 シーサケットとOneの契約は定かではないが、ワン・ショット契約だった可能性はある。シーサケットは、米ボクシング界に本格参戦したエディ・ハーン氏がカジをとるマッチルーム・ボクシングと契約を交わしている。

 再戦合意に向けとりわけ懸念されるのが報酬だ。中量級以降が主戦となる米国では、軽量級の報酬はトップクラスで1億円以上を受け取る中量級と比較すると圧倒的に少ない。ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が60万ドル(約6451万円)受け取っているが近年では稀だ。

 財政難だったHBOが軽量級に方針を転換したのはコスト削減の一環。Superfly2でゴンサレスが去りイベント全体はスケールダウンしたが、他のボクサーが報われることはなかった。1000万ドル(約1070万円)の報酬を受け取ったエストラーダは試合後に不満を漏らしていた。

(Via:The Ring

Sponsor Link

シーサケットの関連記事はこちら

シーサケット、DAZNと契約か?!

対抗王者フィリピーノ、ジェルウィン・アンカハス戦が遠のいてしまった。タイの英雄はどこへ向かうのだろうか。米リング誌によると、関係者らの筋だとWBC世界Sフライ級王者シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)は、DAZN(ダ・ゾーン)と複数戦契約する可能性があることが分かった。 Sponsor Link …

シーサケット、米国で栄光を掴んだタイの英雄はゴミを漁る極貧育ちだった Superfly3 Superflyシリーズ3

かつて咬ませ犬で来日したことのあるタイ人は、プロ・デビューから44戦目PFPキングのローマン・ゴンサレス(ニカラグア)をリングに沈めタイの英雄となった。今では、米で最も権威あるリング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)に名を連ね、米国で成功を収めた1人のボクサーとして認められている。シーサケット・ソー・ルンビサイは、いったいどんな人生を歩んできたのだろうか。 Sponsor Link …

Sponsor Link

WBC、ワイルダー対フューリー再戦の入札を延期

PPV報酬分配をめぐり交渉が長引いているのだろうか。予定されていたWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)対タイソン・フューリー(英)のリマッチの興行権入札が延期となった。 …