英国を象徴する2人の対決が決まれば、ビッグ・イベントだった。アミール・カーン(英)がWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)をピック・アップ。カーンにふられた形となった元IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)は、元2階級制覇王者ジェシー・バルガス(米)戦の交渉が進められていることが分かった。

 米リング誌のインタビューで、ジェシー・バルガス/32戦28勝(10KO)2敗2NCがケル・ブルック/40戦38勝(26KO)2敗(2KO)と交渉が進んでいることを明かした。現地時間4月20日、米西海岸ロサンゼルス、ラスベガス開催。DAZN(ダ・ゾーン)のヘッドラインで交渉が進められ合意する可能性が高いという。


Sponsor Link

アミール・カーンはクロフォード戦を選択

photo by:boxingscene

 カーンをプロモートするマッチルーム・ボクシングを指揮するエディ・ハーン氏は、傘下に収めるカーン対ブルックをまとめる方針を示していたが、事態は急展開した。以前から、ハーン氏は英国でカーン対ブルック戦の交渉を水面下で進めたが、カーンはブルック戦にカジを切った。

 「ブルック戦のオファー金額は、多かったけど。それほど変わらないものだった」
 クロフォードをプロモートするトップランク社は、カーンに500万ドルのオファーを掲示。当初、クロフォードはルイス・コラーゾ(米)戦合意に向け交渉が進められていたが、急遽カーンが候補に浮上し合意に至った。

 トップランク社のオファーに黙ってられないのがカーンをプロモートするエディー・ハーン氏だ。ハーン氏はトップランク社のオファーを受け、カーンに対しブルック戦のオファー1010万ドル(約11億867万円)の最低報酬を掲示していた。

 もともと、米メディアがコラーゾ陣営がクロフォード戦に署名したことが報じられオフィシャル発表待ちという見方だったが、クロフォード陣営はコラーゾ戦に署名することはなかった。

 もっとも、スター候補のクロフォードにとってコラーゾは明らかに役不足だ。コラーゾはWBA世界ウェルター級王者キース・サーマン(米)に敗戦後、2連勝しているとはいえウェルター級でエリート・クラス相手に勝った実績はなく37歳。コラーゾに勝ったとしてもクロフォードの名声を上げることのできる相手とは言えない。

 トップランク社はダニー・ガルシア(米)との交渉をスタート。ガルシアの父親にコンタクトするも交渉に応じる気配はなかったという。ガルシアは4月20日、アドリアン・グラナドス(米)と対戦することが決まっていた。

Sponsor Link

ブルック対バルガス

 実は、ブルック対バルガスは以前に試合を行うことが決まっていたカードだ。2016年7月、IBFタイトル・ホルダーだったケル・ブルックとジェシー・バルガスの一戦は、英国ロンドンにあるO2アリーナで予定されていたが、急遽中止となった。

 ブルック対バルガスのWBO、IBF王座統一戦は、英国ロンドンO2アリーナで行われる予定のゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対クリス・ユーバンクJr.(英)のアンダーカードで行われることが内定。バルガスはキャリア最高の報酬額170万ドル(約1億8660万円)が約束されていた。

 ところが、交渉が順調に進められていたと思われていたゴロフキン対ユーバンクJr.の交渉が破断。急転直下、エディ・ハーン氏と、ゴロフキンをプロモートするK2プロモーションズ、トム・ローフラー氏が手を結びケル・ブルック(英)戦が決まったのである。

 ランカーからことごとく嫌われるゴロフキン戦を臨むブルックに対し賞賛の声は多くあがっていたもの、ウェルター級から2階級あげミドル級屈指の破壊力をもつゴロフキン戦は危険すぎるといった意見も少なくなかった。

 結果はブルックのストップ負け。ブルックは、ゴロフキン戦に向けミドル級リミットを作り上げたが、リングで対峙するとフレームの違いは明白。序盤こそ善戦したが、帝王ゴロフキンはプレスを上げ、最後はストップ負け。ブルックはこの試合で右目眼窩骨折と診断され手術を受けている。

 バルガス対ブルック、両陣営が交渉に前向きであれば交渉締結は難しくないが、ブルックの対戦候補としてマッチルームと新たに契約したリアム・スミス(英)も候補入ってくるだろう。

(Via:The Ring)

Sponsor Link

オススメの記事

クロフォード次戦アミール・カーン戦が急遽浮上!

正式合意が待たれていたWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード (米)対アミール・カーン(英)戦の記者会見が現地時間1月15日、英国ロンドンで開催されることが分かった。  WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)は、アミール・カーン(英)との防衛戦の交渉が具体化。米メディアから、交渉締結が近いと報じられ交渉の行方に注目が集まっていた。 …

田中恒成、田口良一の観戦チケットが販売開始!

2019年3月16日、岐阜メモリアルセンター で愛ドームで行われるWBO世界フライ級タイトルマッチ、王者田中恒成/12戦全勝7KO対田口良一/32戦27勝12KO3敗の観戦チケットの販売がチケットぴあで開始した。チケット購入は こちら からどうぞ。  チケット券種は以下の通り。すでに、自由席は売り切れ現地観戦する予定の方は早めの購入をオススメします。 Sponsor Link …