元ライトヘビー級3団体統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)が逮捕されていたことが分かった。米ESPNベテラン記者、ダン・レイフィール氏によれば、米カリフォルニア州サンバーナーディーノ群の裁判所記録によると、コバレフは2018年6月9日、米カリフォルニア州ビッグベアーレイクで、女性を暴行した容疑で逮捕されていたという。

 コバレフは、5万ドルの保釈金を払い釈放されている。裁判所の記録によると被害者女性は、コバレフから顔などを殴られたとして訴えた。コバレフは無罪を主張、罪状から最高で4年の懲役を科せられる可能性がある。

 TMZ誌によると、被害者女性は、パーティでコバレフに襲われたと話、鼻の骨を折られ、脳震盪を起こし、椎間板に重大な損傷を受けたと主張。コバレフは3月14日、裁判所に出廷予定となっている。

Sponsor Link

photo by:boxingscene

 コバレフは、王座から陥落する2ヶ月前に逮捕。メンタル面に影響を与えたのだろうか。8月4日米ニュージャージー州アトランティックシティで、エレイディル・アルバレス(コロンビア)に負け王座から陥落した。

 序盤、アルバレスは静かだったが、ジャブを丁寧に付き王者の防壁を崩し、3度のノックダウンを奪い王座から引きずり落とした。コバレフは痛烈なノックダウンを喫したもの、スコアは(59-55, 59-55, 58-56)とコバレフがリードしていた。

 コバレフをプロモートするメイン・イベンツ社のキャシー・デュバ氏によれば、2019年2月2日米テキサス州フリスコで開催されるWBO世界ライトヘビー級王者エレイディル・アルバレス(コロンビア)とコバレフの再戦は予定どおり行われる方向だという。

(Via:ESPN)

Sponsor Link