正式合意が待たれていたWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード
(米)対アミール・カーン(英)戦の記者会見が現地時間1月15日、英国ロンドンで開催されることが分かった。

 WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)は、アミール・カーン(英)との防衛戦の交渉が具体化。米メディアから、交渉締結が近いと報じられ交渉の行方に注目が集まっていた。

クロフォード対カーン、記者会見が1月15日英国で予定

 クロフォードのプロモーターであるトップランク社は現地時間11日「クロフォード対カーン、待望のマッチメークを発表する」と報じた。イベントは、トップランク社とカーンを英国でプロモートするマッチルーム・ボクシングで共催。記者会見はロンドンでキック・オフ、関係者によるとその後、ニューヨークでも行われる予定だという。

 トップランク社によれば、4月20日米国で開催。トップランク社と7年契約した米スポーツ専門チャンネルESPNのペイ・パー・ビュー(PPV)有料配信される。現時点で決戦地は未定、米ニューヨークの殿堂マディソン・スクウェア・ガーデン、西海岸のT-Mobileアリーナ、MGMグランドガーデン・アリーナが有力視されているが、ビッグファイトだけに記者会見までに決戦地がまとまりそうな気配はない。

 「全てが順調だよ。上手くいけば、来週中に正式発表することができるとおもう。もちろん、まだ合意には至ってはないけど、心配事はないよ」

 こう語ったのはテレンス・クロフォード(米)をプロモートするトップランク社ボブ・アラム氏だ。米メディアによると、アミール・カーンはトップランクのオファーを承諾する方向。すでに、クロフォード戦に同意したと報じられていた。

Sponsor Link

決戦地は、ニューヨークかベガスが有力

photo by:boxingscene


 米リング誌PFP(パウンド・フォー・パウンド)2位にランクするクロフォード、もう一段階上のステージにあがるには、ビッグネームが狩りが急務。その相手として、アミール・カーンはまさに最適の相手である。

 ESPNが母体となり視聴者も圧倒的に増えたクロフォード、直近のべナビデス戦の視聴件数は200万世帯を超えた。英国だけでなく米本土にネーム・バリューのあるカーン戦となれば、PPV購買件数も期待できそうだ。

 現状、まだ正式合意されてないが、現地時間4月20日開催を目標に交渉が進行中。決戦地としてニューヨークの殿堂マディソン・スクウェア・ガーデン(MSG)、米ラスベガスにあるT-Mobileアリーナ、MGMグランドガーデン・アリーナが有力候補として浮上、ビッグイベントだけにラスベガスに纏まる公算が高い。

Sponsor Link

トップランク、カーンに500万ドルのオファー

 米ESPNダン・レイフィール氏によれば、ボブ・アラム氏がアミア・カーン(英)に対し、クロフォード戦500万ドル(約5億4460万円)の最低保証額のオファーを掲示。それまで、カーンは元IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)と英国でビッグ・ファイトする見方が強かったが、突然ビッグ・オファーが舞い込み急転換を見せた。

 交渉の中で中継局は、トップランクと7年契約を結んだ米スポーツ専門チャンネルESPNのペイ・パー・ビュー(PPV)有料中継で配信される方向で調整中。正式決定すれば、ESPN初のPPVイベントとなる。すでに、ボブ・アラム氏は「75ドルではなく、59.95ドルになるだろう」とPPV視聴料金の具体的な金額を明らかにしていた。

 日程が、4月にずれ込んだのは3月に米地上波FOXでIBF世界ウェルター級王者エロース・スペンスJr.(米)対マイキー・ガルシア(米)戦が決まっていたからである。同月にPPVイベントを複数開催すれば、PPV購買件数に多く悪影響を及ぼしかねない。

 現在カーンは、マッチルーム・ボクシングと3試合の契約を結び今戦が契約最後の試合。本来であれば、マッチルーム傘下のケル・ブルック戦が濃厚だったが、カーンはクロフォード戦を選択。実際、TV局の違いがあり合意するにはハードルが高く見えるが、マッチルームは米国でカーンをプロモートする権利を持っていなかったという。

 当初、クロフォードはルイス・コラーゾ(米)戦の交渉が進められコラーゾ陣営が同意。2019年3月23日米ニューヨークMSGアリーナと具体的な日程、会場も報じられていたが、実際クロフォード陣営は同意していなかった。他に対戦相手にダニー・ガルシア(米)も浮上していたが、米メディアによるとガルシア陣営は交渉に応じる姿勢を示さなかったという。

 もちろん、まだ正式決定されてないが、実現すればクロフォード、カーン双方にとって大きなメリットが生まれる戦いであることは間違いない。カーンは一時期はスター候補だったが、ダニー・ガルシアに敗北しトップ戦線から脱落。ビッグ・マネーを求め無謀にも階級アップしカネロ戦を締結するも戦慄なノック・アウト負け、ようやく適正階級でビッグ・チャンスを掴めそうだ。

(Via:ESPN)

Sponsor Link