WBO田中恒成がライトフライ級王座を返上!今後は3階級目となるフライ級へ転向!


photo by:boxingscene

 1日、WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(畑中)が王座を返上たことが分かった。田中をプロモートする畑中清詞会長は、WBO(世界ボクシング機構)へ同王座を返上することを通知した。

 畑中会長は「我々と、田中はミニマム級、ライトフライ級で世界タイトルを獲得したことに感謝しています。WBOがフライ級で新たにランキングすることを願い、彼はフライ級で3つ目のタイトルを獲得するこになるでしょう」。とWBO会長パコ・バルカルセル会長へ通知した。

 田中が王座を返上したことにより、米国現地時間2017年12月2日にニューヨーク州ニューヨーク、マディソンスクウェア・ガーデンで行われるアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)と、ファン・アレホ(メキシコ)のWBO世界ライトフライ級暫定王座決定戦は、空位の正規王座決定戦となる見通しとなっている。

 田中がフライ級に階級を上げることにより、待望されていたWBA世界ライトフライ級王者田口良一(ワタナベ)との王座統一戦は一旦は消滅する形となる。田中は、2017年9月13日に行われたパランポン戦で、両目の眼窩底骨折を負い全治2ヶ月の診断を受け、2017年内の田中との統一戦が実現が白紙となっていた。

(Via:fightnews.com)

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス次戦は2018年3月を予定

ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)が2018年明けのイベントを発表。今後、12月に入り来年の試合スケジュールも続々と決まってきそうな気配だ。米リング誌によると、WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)の次戦が、2018年3月10日に計画されていることがわかった。 …

田口良一対ミラン・メリンド大晦日12月31日観戦チケットの購入はこちら!

2017年12月31日に東京・大田区総合体育館で行われるWBA世界ライトフライ級王者田口良一(ワタナベ)対IBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(フィリピン)の王座統一戦。IBF世界ミニマム級王者京口紘人(ワタナベ)、WBO世界フライ級王者木村翔(青木)らが出場するトリプル世界タイトルマッチの観戦チケットが、11月28日からチケットぴあより販売が開始された。チケット購入はこちら …

Sponsor Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です