井岡一翔WBA世界フライ級王座を返上!


photo by:boxingscene

 WBA(世界ボクシング協会)は公式サイトを通じて現地時間13日、井岡一翔(井岡)がWBA世界フライ級王座を返上。WBAは井岡陣営から王座を返上する連絡を受け王座を空位とすることを発表した。
 
 WBAは空位となる王座決定戦は発表してないが、同級1位アルチュモ・ダラキアン(ウクライナ)、同級2位ヨドモンコン・ポー・セーンチップ(タイ)となっている。

Sponsor Link

 WBAは2017年8月1日、WBA世界フライ級王者井岡一翔と、WBA同級1位のアルチュモ・ダラキアンに対し指名戦を指令。交渉期間を30日与え交渉が纏まらない場合、興行権を入札すると発表していた。

 井岡ジムの井岡一法会長は9日に大阪市内にある井岡ジムで会見を開き井岡一翔がWBA世界フライ級王座を返上したことを発表。

 会見で、12月31日にWBA同級1位のアルチュモ・ダラキアンとの指名戦を行う計画だったことを明かし「準備不足のため王座を返上する運びとなった」。と王座返上理由について説明した。

(Via:WBA

Sponsor Link

井岡の関連記事はこちら

井岡一翔、真のリスペクトを得られるだろうか

WBA世界フライ級チャンピオン井岡一翔、人気、実力を兼ね備えた国内で最も興行価値の高い選手だ。その評価は国内だけでなくアメリカで最も権威あるボクシング・メディア、リング誌でフライ級1位と認定され実力が認められている。 …

井岡一翔、エストラーダとの王座統一戦が事実上消滅した!

エストラーダ、井岡一翔の交渉は事実上消滅  WBA・WBO世界フライ級統一王者・ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がWBA、WBOの両王座を正式に返上することを発表した。日本のボクシング・ファンの間では近年稀に見るフライ級屈指の好カード実現として交渉の成り行きが注目されていたが、エストラーダが王座を返上することにより、同級正規王者・井岡一翔(井岡)の王座統一戦は事実上消滅した。 …

オススメ記事はこちら

ダニエル・ジェイコブス対ルイス・アリアス直前レビュー

2017年、世界のボクシング界の中心地米国に新たな風が吹いている。来年以降に勢力図が大きく変わるかもしれない。その開幕戦とも呼べる重要なイベントが米ニューヨークで開催される。米ブルックリンを代表する人気者”ミラクル・マン”ダニエル・ジェイコブス(米)がかえってくる。米プレミア・ケーブルTV局HBOと電撃契約を果たし重要な一戦を迎える。 …

マイキー・ガルシア対ホルヘ・リナレスは実現するのだろうか

WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)と、WBA世界ライト級及びWBC世界ライト級ダイヤモンド王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)との王座統一戦は実現するのだろうか。まだ、何も具体的な話がなく実現は不透明である。  「マイキーもその戦い望んでいるし、ホルヘもその戦いを望んでいる。おそらく日程は変更になるでしょう。ガルシアとの戦いが最も関心を寄せる一戦です」。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です