アンソニー・ジョシュア、タカムに勝ちレコードを20戦全勝に伸ばした!


photo by:boxingscene

 英国が誇る若きカリスマ、WBA・IBF世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュア(英)、元3団体統一王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)との最大のテストを経て臨んだIBF同級3位のカルロス・タカム(カメルーン)戦は慎重さが目立ち、挑戦者カルロス・タカムの健闘が光った試合だった。

 2017年10月28日に英国カーディフにあるプリンシパリティ・スタジアムでWBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチが行われ、統一王者アンソニー・ジョシュア(英)がIBF同級3位のカルロス・タカム(カメルーン)と対戦し、10回TKO勝ちを収めWBAスーパー王座とIBF、IBOの王座防衛に成功した。

 10回TKO勝利したジョシュアだが、レフェリーストップが早かったという声もすくなくない。10回にジョシュアのワンツーがタカムを捉え、追撃の右フックがヒットしレフェリーが試合を止めた。ジョシュアはパーフェクトレコードを伸ばし20戦全勝全KO、負けたタカムは40戦35勝(27KO)4敗(2KO)としている。

 もはや、ジョシュアはスポーツという枠さえも超え英国を代表する存在へ成長しているといって過言ではないだろう。このスタジアムは、通常はラグビーやサッカーで利用される会場。スタジアムに動員された観客は78,000人と報じられている。

 何とチケットは、発売初日で70,000枚が売られている。これは、ボクシング・イベントのチケット・セールスでは最速の記録。1978年に米・ルイジアナ州ニューオーリンズで行われたモハメド・アリ(米)対レオン・スピンクス再戦の6万3000枚の記録を更新している。

タカムの健闘が光った試合だった

 ジョシュアは、2017年4月に行われたクリチコとの最大のテストでスタミナ不足が露呈。今回の防衛戦はスタミナ不足の改善と、WBO王者パーカーとの統一戦が噂されるジョシュアが、パーカーと善戦したタカムをどう仕留めるか。パーカーとの統一戦の指標にもなる戦いだった。

 ジョシュアは堅実だった。タカムが実力者でリスペクトした面もあったのだろう。まだ、スタミナ面の不安は残るがリスクを最小限に抑え、要所要所でダメージング・ブローを与えタカムをフィニッシュに持ち込んだのは見事だった。一方で急遽、世界タイトルマッチのチャンスを得たタカムは、高い防衛能力でジョシュアの攻撃を軽減。ジョシュアのうち終わりにショットを集め、勝機を見出し健闘が光る試合だった。

 やはり、リングで対峙すると両者の体格差は明らかだった。身長では11cm、リーチでは4cmジョシュアが上回っている。序盤、立ち上がりはお互い様子見。2回、ジョシュアはプレスを強めるもタカムのムービン・センスが光る。ボディワーク、フットワークに加え、フェイントを織り交ぜジョシュアに決定打を許さない。

タカムは右眉の上をカットするも健闘

 タカムは2回中盤に打ち合いで、ジョシュアの左フックを貰いグラつくも、ブロッキング、フットワークを使い何とかサバイブした。ジョシュアは、グラつかせるも何時になく慎重で決定打を当てることは出来なかった。

 4回、ジョシュアはさらに攻勢を強めコンパクトでパワフルなコンビネーションを放ち、その中で効果的なアッパーを炸裂。さらに終盤には右ストレートから左フックの返しでタカムからダウンを奪った。タカムは、ジョシュアとの距離を効果的に潰すも、右眉の上をカット。出血を拭いながらは視界も悪いのだろう。今まで華麗なフットワークを披露していたが、若干動きが鈍くなってきた。

 10回、ジョシュアはクリンチから右アッパー、左フック、右アッパーでタカムをグラつかせ、そのまま追撃のワンツーをコネクト。さらに、右フックで追撃したところでレフェリーが試合を止めた。

 「タカムは多くの経験があったしフィニッシュを急ぎたくなかったんだ」。とジョシュアは試合後に語っている。

 スタミナ不足の不安は払拭しきれないと感じたファンも多いだろう。慎重さが目立ったのはペース配分、タカムをリスペクトした面もあるのかもしれない。クリチコ戦はジョシュアのダメージもあり、一概にスタミナ面の課題が改善されたか確認することは難しい。

 しかし、リスクを最小限にし1回は手数は少なかったもの3回以降は、積極的にコンビネーションを放ち手数をだしていった。レフェリー・ストップの早さの是非はあるが、前回のような急激なスローダウンなく仕留めたことは一定の評価はできるだろう。

 2018年後半には、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)との王座統一戦が囁かれる。しかし、ジョシュア獲得にHBO(米・最大手ケーブルTV局)が動いている話もあり、実現のハードルは高くなるかもしれない。11月4日にワイルダーの防衛戦が控えている。ワイルダーが順当に勝てば王座統一戦がクローズ・アップされることは間違いないだろう。

Sponsor Link

こちらの関連記事もみたい

アンソニー・ジョシュア対カルロス・タカム前日計量でジョシュアはキャリアで最も重い体重を記録

現地時間2017年10月28日に、英国カーディフにあるプリンシパリティ・スタジアムで行われれるWBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチの計量が行われ統一王者アンソニー・ジョシュア(英)がキャリアで最も重い 254パウンドを記録した。対する、IBF同級3位のカルロス・タカム(カメルーン)は 235.5 パウンドとなっている。 …

WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ、ジョシュア対タカムをDAZNが独占生中継!

ライブストリーミング・サービスを扱うDAZN(ダ・ゾーン)は、現地時間2017年10月28日に英国・カーディフにあるプリンシパリティ・スタジアムで行われるWBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ、統一王者アンソニー・ジョシュア(英)と、WBO同級3位のカルロス・タカム(カメルーン)戦を独占生中継することを発表した。 …

WBC世界ヘビー級王者ワイルダー次戦はステイバーンとの再戦

期待値が高い試合だったけに、期待薄のリマッチとなってしまった。Showtime(米・ケーブルTV局)は、11月4日に米ニューヨーク州ニューヨークにあるバークレイズ・センターで防衛戦を予定しているWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)の相手が、WBC同級1位のバーメイン・ステイバーン(カナダ)とすることを発表した。 …

藤本京太郎、WBO世界ヘビー級王者ジョセフ・パーカー戦は消滅か?!

2017年末の大一番として対戦実現が噂されていたWBO世界ヘビー級王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)/24戦全勝18KOと、WBO同級9位にランクする藤本京太郎(角海老)/18戦17勝(KO9)1敗の一戦の実現性は限りなく低そうだ。 …

Sponsor Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です