WBA、元WBA暫定ヘビー級王者ルイス・オルティスをサスペンド処分か?!


photo by:boxingscene

 VADAによる薬物検査が故意によるものでなければ、不運だったとしか言いようがない。米・ボクシングシーンによると、WBA(世界ボクシング協会)が、先日、VADA(ボランティア・アンチ・ドーピング機構)による薬物検査で陽性反応を示したルイス・オルティス(キューバ)に対し、サスペンド処分を科す可能性があるという。

 同レポートによると、WBA(世界ボクシング協会)の代理人を務めるマイケル・マクレナン氏が、ルイス・オルティス陣営に、トップランキングから降格、指名挑戦権を剥奪することを通知。さらに、6ヶ月間のサスペンド処分が科せられる可能性もあるという。

 ルイス・オルティスは、2017年11月4日に米ニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)へ挑戦することが決まっていたが、試合前にVADAによって行われた薬物検査で陽性反応を示し、WBC(世界ボクシング評議会)は試合の中止を決定している。

Sponsor Link

 WBAは、VADAをタイトルマッチのドーピング検査機構として認可している。ルイス・オルティスの薬物検査の結果を受けヒルベルト・メンドサJr.会長は「オルティスがクリーンであることを証明する唯一の方法は、サンプルBの検査を実施することだ」。と述べている。

 薬物検査の結果で、サンプルAとサンプルBの結果が異なる例はほとんどない。

 ルイス・オルティスは、9月22日にVADAによる薬物検査で禁止薬物として指定されているクロロチアジド、ヒドロクロロチアジの陽性反応を示している。

 米・メディアは、オルティスが、8ヶ月前に医師から高血圧の治療のため薬を処方。その薬に禁止薬物がとして指定されている成分が含まれていたと報じている。

 薬物検査で陽性反応を示したオルティスは、高血圧の治療のための薬の影響だと主張。処方箋もあると話しているがオルティス陣営はVADAにその申告をしていなかった。WBCは、VADAによる薬物検査が陽性だったこで、試合の中止を発表をしたがルイス・オルティスの処分は保留となっている

(Via:boxingscene

Sponsor Link

オルティスの薬物関連の記事はこちら

薬物検査で陽性反応を示したルイス・オルティスは処方されていた薬の申告漏れの可能性

VADA(ボランティア・アンチ・ドーピング機関)による薬物検査で陽性反応を示したルイス・オルティス(キューバ)が故意ではない可能性がでてきた。米・ボクシングシーンによると、オルティスは8ヶ月前に医師から高血圧と診断され、高血圧の薬を処方されていたという。 …

ルイス・オルティス薬物検査で陽性反応!ワイルダー戦は実現危うし

2016年後半、米・東海岸ニューヨークの興行は保険問題によりイベントが激減。2017年10月以降、ニューヨークは好カードが控えていた。その中でも11月4日にニューヨーク、ブルックリンにある バークレイズ・センターで開催されるWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)戦は世界的にも注目されていたイベントだった。 …

薬物で中止!WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー対ルイス・オルティス戦は中止に

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、11月4日にニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行なわれる予定だったWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)の一戦を中止とすることを発表した。 …

WBC世界ヘビー級王者ワイルダー次戦はステイバーンとの再戦

期待値が高い試合だったけに、期待薄のリマッチとなってしまった。Showtime(米・ケーブルTV局)は、11月4日に米ニューヨーク州ニューヨークにあるバークレイズ・センターで防衛戦を予定しているWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)の相手が、WBC同級1位のバーメイン・ステイバーン(カナダ)とすることを発表した。 …

Sponsor Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です