WBC世界Sフェザー級王者ベルチェル、サリド戦が交渉中!アンダーカードに尾川堅一の王座決定戦が予定!


photo by:boxingscene

 12月も好カードが続きそうな気配である。WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)/33戦32勝(28KO)1敗(1KO)が2017年12月に、オルランド・サリド(メキシコ)/62戦44勝(31KO)13KO(5KO)4分と交渉が進められていることが分かった。

 WBC(世界ボクシング評議会)は、10月1日にアゼルバイジャンで開催中の総会で、ベルチェルの2度目の防衛戦の相手としてサリドと交渉していることを明かした。さらに、同イベントはダブル世界タイトルマッチとして計画が進行されている。

 米ESPNの情報によると、12月9日か16日に開催することを目標とし、アンダーカードにジェルボンテ・デービス(米)が計量に失格し空位となっているIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦で、同級4位の尾川堅一(帝拳)/23戦22勝(17KO)1敗(1KO)と、同級5位でデビン・ファーマー(米)/30戦25勝(5KO)4敗1分の一戦が計画されている。尚、試合はHBO(米・最大手ケーブルTV局)が中継する予定となっている。

Sponsor Link

 オルランド・サリドは、11月25日に米ニューヨーク州ニューヨークにあるMSGシアターで行なわれる元3団体統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)のアンダーカードに出場することが検討され、ジョナサン・オケンドが対戦候補に浮上していた。

 年末のこの時期、HBOの予算が余ったのだろう。オルランド・サリドをプロモートするサンフィール・プロモーションズ フェルナンド・ベルトラン氏は、2018年のはじめにWBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェルとのビッグマッチを計画していることを明かしていた。

 WBCは総会で、WBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦として、同級3位のフランシスコ・バルガス(メキシコ)と、同級4位のジョニー・ゴンサレス(メキシコ)を命じている。バルガスは2017年1月にベルチェルに敗れ王座から陥落。復帰戦は2018年を予定している。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

こちらの関連記事もみたい

WBC世界Sフェザー級王者ベルチェル、来年2018年にオルランド・サリドと対戦か?!

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、11月4日にニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行なわれる予定だったWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)の一戦を中止とすることを発表した。 …

オルランド・サリド次戦、元3団体統一Lヘビー級王者コバレフのアンダーカードに出場か?!

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、11月4日にニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行なわれる予定だったWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)の一戦を中止とすることを発表した。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

WBC、WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリの薬物問題の結論は先送りに

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、11月4日にニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行なわれる予定だったWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)の一戦を中止とすることを発表した。 …

続報!不運続きのフェリックス・ベルデホ世界戦遠のく指名挑戦者から降格!

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、11月4日にニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行なわれる予定だったWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)の一戦を中止とすることを発表した。 …

Sponsor Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です