2017年12月9日に米・ニューヨーク州ニューヨークにあるマディソン・スクウェア・ガーデン・シアターで行なわれるアマ最高峰対決、WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)対WBA世界スーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)の観戦チケットが順調に売れ残り僅かとなっている。

 興行を主催するトップランク ボブ・アラム氏は「残りのチケットは100枚以下だ。これは、MSGシアターの歴史に残るゲート収益となるだろう」。と述べている。現時点ではリセールになっているチケットを除くと残りのチケットは僅かとなっている。

 「ファンは歴史を重んじるし、これがボクシングの歴史的な戦いになる事実を尊重している。2人は、五輪2大会の金メダリストでこの戦いは非常にユニークで、ファンが求めている戦だよ。中継は無料で自宅でも観戦できるし、バーに行って見ることもできる。でも、ファンは会場にいたいんだよね」。と述べている。試合はESPNが中継する。

Sponsor Link

 ソーシャル・メディア、ツイッターで話題となった一戦がついに実現する。リゴンドーと、ロマチェンコをマネージメントするエイジス・クリマス氏の間で過熱。エイジス・クリマス氏は、ロマチェンコ戦を望むリゴンドーに対し130パウンド(スーパーフェザー級リミット)での対戦を呼びかけていた。

 一旦は、再浮上したドリーム・マッチだが、過去に契約ウェイトで交渉が難航した経緯と、リゴンドーが本当に2階級あげるかを含め実現へ向け不透明な面が多かった。一方で、リゴンドー陣営がロマチェンコ戦を望んでいたことは事実で、リゴンドーとレーナーを長年勤めてきたペドロ・ディアス氏もロマチェンコ戦を強く望んでいた。

 ボブ・アラム氏と、リゴンドーをプロモートするロックネイション・スポーツ(RNS)は交渉を開始。アラム氏は、リゴンドーが130パウンドで戦うことに同意したことを明かしていた。その後、交渉が具体化し12月9日に、米ニューヨークにある”メッカ”MSGシアターで開催することを目標に進められていた。

(Via:boxingscene)

Sponsor Link

ロマチェンコ対リゴンドーの関連記事はこちら

ロマチェンコ対リゴンドーが12月9日に米ニューヨークで実現!

ついに夢の五輪2大会金メダリスト対決、黄金カードが実現する。ハードコア・ボクシングファン必見、パウンド・フォー・パウンド(PFP)頂上決戦、ウクライナが生んだ最高傑作ロマチェンコが、世界最高峰のスキルをもつリゴンドーと戦うことが決定した。 …

ロマチェンコ対リゴンドー、五輪金メダリスト対決の交渉が開始!

夢の五輪2大会金メダリスト対決は実現するのだろうか。ロマチェンコ対リゴンドー、実現すればマニア必涎の黄金カードとなることは間違いない。しかし、階級の問題、報酬、観客動員と超えなければならないハードルは高そうだ。  米・ボクシングシーンによると、トップランク …

Sponsor Link

オススメ記事

村田諒太対エンダム因縁の再戦、観戦チケットが残り僅か

2017年10月22日に、東京・両国国技館で行なわれるWBA世界ミドル級タイトルマッチ因縁の再戦、王者アッサン・エンダム(フランス)対村田諒太(帝拳)の観戦チケットが残り僅かとなっている。現時点でフジテレビの公式サイトでは、午後7時から中継予定なっているが、当日は総選挙があり選挙特番となる可能性もでてきている。  現時点でチケットはマス席A 30,000円、指定席A 20,000円、指定席B

薬物で中止!WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー対ルイス・オルティス戦は中止に

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、11月4日にニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行なわれる予定だったWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンテイ・ワイルダー(米)対ルイス・オルティス(キューバ)の一戦を中止とすることを発表した。 …

Sponsor Link