WBA王者マクドネル対ソリス再戦は11月4日モナコで開催!


 マッチルーム・プロモーションズのモンテカルロでの興行がかえってくる。年1回のペースで11月のこの時期に開催することが慣例となっている。イベントはWBA(世界ボクシング協会)のダブルタイトルマッチとして開催、ライトヘビー級のプロスペクト、ドミトリー・ビボル(ロシア)、WBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネル(英)が出場する。

 イベントは、11月4日にモナコ、モンテカルロで行なわれる。WBAのダブル世界タイトルマッチに加えWBAフェザー級の挑戦者決定戦、さらにヘビー級の地域タイトルマッチが行なわれる豪華な興行となっている。英国へSkySportsが中継、全米へHBOが中継することが決まっている。

 メインイベントは、WBA同級1位ライトヘビー級暫定王者のドミトリー・ビボル(ロシア)/11戦全勝9KOが、バドゥ・ジャック(スウェーデン)が王座を返上し空位となったWBA世界ライトヘビー級王座決定戦で、同級11位のトレント・ブロードハースト(豪)/21戦20勝(12KO)1敗と対戦する。

 1年を経てようやく、WBA世界バンタム級タイトルマッチ、王者ジェームス・マクドネル(英)/32戦29勝(13KO)2敗1分と、同級3位リボリオ・ソリス(ベネズエラ)/31戦25勝(11KO)5敗1分の再戦が行なわれる。

Sponsor Link

 イベントは英国へSkySports、米国向けへHBO(米・最大手ケーブルTV局)が中継する。着々と勢力を強め11月11日には米国で初のイベントを開催するマッチルーム・プロモーションズ エディー・ハーン氏は「SkySports、HBOで、英国と全米に中継される素晴らしい世界タイトルマッチが行なわれるモナコに戻ってこれて嬉しいよ。

 ドミトリー・ビボルは若く世界で最もエキサイティングなファイターの1人だよね。もちろん、初戦は接戦となったジェームス・マクドネルとリボリオ・ソリスの再戦も楽しみだし興奮しているよ」。と述べている。

マクドネル対ソリスの再戦は1年ぶりに実現

 マクドネル対ソリスの再戦はWBAが2017年2月1日に再戦を指令してから実に9ヶ月を経てようやく実現する。当初、7月に対戦合意が報じられWBAは興行権入札の中止を発表。しかし、WBAは正式な契約書を受けとっていないことから、8月21日に興行権の入札を再度を行うことを発表していた。

 マクドネルは当初、ポール・バトラー(英)との対戦が報じられていたがバドラー戦が消滅。2017年2月にWBAがマクドネル対ソリスのダイレクト・リマッチを命じている。

 2016年11月12日にモンテカルロのサル・デザトワールでWBA世界バンタム級タイトルマッチが行われ、王者ジェームス・マクドネルがリボリオ・ソリスと対戦し、12回3−0(116-112, 115-113, 117-111)の判定勝ちを収め5度目の防衛に成功。しかし、試合後に「ソリスが勝っていた」声も多く。ソリス陣営は判定結果を不服としWBAに再戦を要請していた。
 

スコット・クイッグはWBAフェザー級挑戦者決定戦に出場

 アンダーカードでは、王座返り咲きを狙う元WBA世界スーパーバンタム級王者スコット・クイッグ(英)/36戦33勝(24KO)1敗分が、WBAフェザー級挑戦者決定戦でオレ・イエフィモビッチ(ウクライナ)/32戦29勝(16KO)2敗1分と対戦する。

 クイッグは、IBFフェザー級挑戦者決定戦を行い挑戦権を獲得。WBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)、アブネル・マレス(メキシコ)へ照準を変更するのだろうか。IBF王者リー・セルビー(英)の他、王座返り咲きを狙うカール・フランプトン(英)ら多くのタレントがフェザー級に揃っている。

 クイッグは、2017年4月29日に、英国ウェンブリー・スタジアムでIBFフェザー級4位のビオレル・シミオンとIBFフェザー級挑戦者決定戦を行い12回判定勝ちを収めている。その他、欧州ヘビー級タイトルマッチが行われ、王者アギド・カバイェル(ドイツ)/16戦全勝(12KO)が、デレック・チゾラ(英)/33戦26勝(18KO)7敗を相手に初防衛戦を行う。

(Via:boxingsene)

Sponsor Link

こちらの関連記事も見たい

WBA世界Lヘビー級王者バドゥ・ジャックが王座を返上!Lヘビー級は戦国時代へ

米リング誌によると、バドゥ・ジャック(スウェーデン)/25戦22勝(13KO)1敗(1KO)2NCが、WBA世界L・ヘビー級王座を返上することが分かった。バドゥ・ジャックはWBA(世界ボクシング協会)に保持するWBA世界L・ヘビー級王座を返上することを通知した。 …

WBA、マクドネル対ソリスの興行権入札の中止を発表!

今度こそ決まるのだろうか。WBA(世界ボクシング協会)は、現地時間8月21日に興行権入札の指令をしていたWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネル(英)/32戦29勝(13KO)2敗1分対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)/31戦25勝(11KO)5敗1分の入札を中止することを発表。両陣営は正式な契約書を20日以内にWBA提出することが義務付けられている。 …

オススメ記事はこちら

WBC、ゴロフキン対カネロ戦の薬物検査を両選手がクリアしたことを発表!

最近ではボクシング界に蔓延するPED問題に関するニュースが多く不信感を募らせるファンも少なくない。一先ず2017年9月に行われたメガファイトは、両選手がクリーンであることが確認されている。 …

村田諒太、エンダム再戦は、ESPNが全米中継することが決定!

因縁の再戦は、米国でスター・クラスと戦うことを望む村田にとって試金石となるだろう。現地時間28日、ESPN(米・スポーツ専門チャンネル)は、2017年10月22日に東京・両国国技館で行なわれるWBA世界ミドル級タイトルマッチ、王者アッサン・エンダム(フランス)対村田諒太(帝拳)の再戦を全米に生中継することを発表した。  ESPNの第2チャンネル、ESPN …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です