井上尚弥、アンカハスとの王座統一戦が消滅!アンカハスは英国でコンランを相手に防衛戦を行うことが決定!


photo by:boxingscene

 交渉が進められていたWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(大橋)とIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)の王座統一戦が消滅した。アンカハス陣営はバブル絶頂期の英国の舞台を選択。年末に予定されている井上の対戦相手探しは難航しそうだ。

 クィーンズ・ベリー・プロモーションズを主宰するフランク・ウォーレン氏は、2017年11月18日に、アイルランドのベルファストにあるSSEアリーナで、IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)/29戦27勝(18KO)1敗1分が、IBF同級5位ジェイミー・コンラン(英)を相手に3度目の防衛戦を行うことを発表した。

 興行のメーンイベントは、地元ベルファストの人気者である元WBA世界フェザー級スーパー王者カール・フランプトン(英)の復帰戦。さらに、WBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)の防衛戦が行なわれる。

Sponsor Link

 カール・フランプトンは、2017年1月に米・ネバダ州ラスベガスで行われたレオ・サンタ・クルス(メキシコ)に敗れ王座陥落して以来、約8ヶ月ぶりのリング復帰戦。この一戦はフランク・ウォーレン氏と契約した初戦となる。尚、フランプトンは大物アドバイザー、アル・ヘイモン氏との契約はそのままだという。

 井上尚弥は次戦、IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハスとの王座統一戦の交渉が報じられていたが消滅した。英国ボクシング界はバブル絶頂期、契約条件が良かったのだろう。お互いにメリットが無ければ交渉をまとめることは難しい。

 アンカハスは母国フィリピン以外を主戦場に戦いマニー・パッキャオのMPプロモーションズ所属。売り出し中の選手である。母国フィリピンでビッグマッチは難しく陣営は最良のオプションを選択したのだろう。

 最近ではマカオ、オーストラリアなど大きなイベントで防衛戦を行なっている。大きなイベントになれば報酬も当然上がる。売り出し中のアンカハスにとってPRにもなりメリットは大きい。

 フランプトンは、地元ベルファストで絶大な人気を誇る。ここ数年は米国を主戦場とし地元ベルファストで試合を行うのは実に2年と7ヶ月ぶり。人気者フランプトンが帰ってくるとなれば、アリーナは満員になることが予想される。

 井上尚弥対アンカハス戦は一旦は消滅してしまったが、順当にアンカハスが防衛。減量苦である井上次第で2018年に米国で実現する可能性は少なからずありそうだ。

 米プレミア・ケーブルTV局HBOは2018年春頃に米国で「Superfly」シリーズ第2弾を構想中。米国が舞台となれば条件次第で実現する可能性は捨てきれない。

 井上対アンカハスは米国ではビッグマッチではなくメリットは少ないという意見もあるだろう。それももっともな意見である。

 アンカハスはオーストラリアで行われた帝里戦がESPNで中継されたとはいえ、中量級が主戦場の北米では殆ど知られていないのが現状だろう。ただ、大成功を収めた「Superfly」シリーズ第2弾であれば米国で注目を集めることができる。

 井上は減量苦の問題があるがパワー・ヒッター同士の試合が実現すれば好カード。難航する井上の対戦相手として現スーパーフライ級ではエストラーダやシーサケットと並ぶベストな相手と言える。しかし、アンカハス戦が消滅した今、2017年末の対戦相手探しは苦労しそうな気配である。

(Via:The Ring

Sponsor Link

こちらの関連記事もみたい

井上尚弥、2018年春にも米国で第2戦か?!米で軽量級の祭典Superflyシリーズ第2弾が構想中!

あのイベントが米国にかえってくる。2017年9月9日に、米国の地で初となる軽量級屈指の強豪が集い興行的にも大成功を収めた「Superfly」シリーズの第2弾が計画されていることが明らかとなった。 …

井上尚弥、全米デビュー戦は成功、今後の対戦相手を占う

日本の秘密兵器”モンスター”WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(大橋)が全米デビューを果たした。米国進出が期待され2年半、日本屈指の軽量級界期待の新星は、世界の軽量級界スター候補へ一歩前進した。 …

オススメ記事はこちら

WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ薬物検査結果を受け故意ではないと主張!

ドーピング疑惑で完全にクロと決まったWBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)陣営は、薬物反応は故意ではないと主張している。サンプルBの解析結果が陽性反応を示しそれまで静観していた日本のファンの間でその反響は大きく、ソーシャル・メディア、ツイッターでは憤りを隠せないコメントも少なくない。 …

元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブスがHBO、マッチルーム・プロモーションズと契約!

ボクシング界の重要人物の1人、マッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏が兼ねてから公言していた米国進出をついに果たす。米・老舗プロモーター トップランク社は、長年タッグを組んできたHBOを離脱しESPNと契約するなどボクシング界に新たな風が吹いている。 …

Sponsor Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です