WBA世界Sフェザー級王者ジェスレル・コラレス次戦アルベルト・マチャドと防衛戦を行うことが決定!


photo by:boxingscene

 ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は現地時間25日、2017年10月21日に米・ニューヨーク州ベローナにあるターニング・ストーン・リゾート・カジノで、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)/24戦22勝(8KO)1敗が、WBA同級4位のアルベルト・マチャド(プエルトリコ)/18戦全勝15KOを相手に4度目の防衛戦を行うことを発表した。

 試合はHBO(米・最大手ケーブルTV局)の「ボクシング・アフター・ダーク」シリーズで中継される。コラレスは「HBOの主要試合で2度目の試合が決まって興奮しているよ。アルベルト・マチャドが強いファイターであることは知っている。

 しかし、俺も強くインテリジェンスを兼ね備えているボクサーだ。俺のスタイルは、彼を多くのトラブルに陥らせることができるだろう。4度目の王座を防衛することを確信している」。と述べている

 ジェスレル・コラレスは2017年7月15日に、カリフォルニア州イングルウッドにあるザ・フォーラムで、WBA同級10位のロビンソン・カステジャノスと対戦し、10回2−0の負傷判定勝ちを収めている。

Sponsor Link

 アルベルト・マチャドはプエルトリコ出身の27歳。コラレス戦に抜擢されたのは戦績はもとよりGBPの目にとまったからだろう。プエルトリコを主戦上に戦い、順当にキャリアを積みWBOの地域タイトルであるNABOスーパーフェザー級王座を獲得している。

 スーパーフェザー級としては大柄で身長178cm、リーチは183cmを持つサウスポーの選手。2017年8月18日にプエルトリコで行われたGBP ESPNシリーズで、WBA同級7位のカルロス・モラレス(メキシコ)と対戦し判定勝ちを収めている。

 コラレスとの試合は好試合になりそうだ。スタイルは堅実で安定感がありムービングセンスも良い。スピード、身体能力豊かなパナマ人も簡単には攻略できないだろう。

 マチャドは「偉大なチャンピオンのジェスレル・コラレスへ挑戦でき本当にハッピーだよ。この戦いは簡単ではないことは分かっている。
 
 でも、モチベーションはとても高いんだ。プエルトリコはハリケーン・マリアの影響で多くの人が悲しんでいる。家族、プエルトリコのために世界タイトルを持ち帰ることが使命だと思っている。ハリケーン・マリアが去った今、この戦いに勝利することでプエルトリコに多くの幸せをもたらすことができる」。と述べている。

 アンダーカードには新たにHBOと3試合を契約した元WBA世界スーパーウェルター級王者デメトリアス・アンドラーデ(米)/24戦全勝16KOが、ミドル級ノンタイトル戦を行うことが内定している。

(Via:ESPN

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

IBF世界ライトヘビー級挑戦者決定戦べテルビエフ対コーリンは王座決定戦に格上げか?!

3団体統一ライトヘビー級王者アンドレ・ウォード(米)が正式に引退を表明。さらに、バドゥ・ジャック(スウェーデン)がWBA王座を返上。ウォードが正式に王座を返上すれば3つ(WBA、WBO、IBF)の王座が空位となり、はやければIBF(国際ボクシング連盟)の王座決定戦が行われる公算が高い。 …

ロマゴン、井上尚弥が競演したSuperflyは大成功、視聴率は最大で83万5000件を記録!

米国現地時間9月9日に、カリフォルニア州カーソンにあるスタブハブ・センターで開催された、軽量級史上最大のイベント「Superfly」のHBO(米・最大手ケーブルTV)局が「ボクシング・アフター・ダーク」シリーズとして中継した視聴者件数が明らかとなった。トリプルヘッダーで行われたイベントは興行的に成功を収めたといっていいだろう。 …

井上尚弥、全米デビュー戦は成功、今後の対戦相手を占う

日本の秘密兵器”モンスター”WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(大橋)が全米デビューを果たした。米国進出が期待され2年半、日本屈指の軽量級界期待の新星は、世界の軽量級界スター候補へ一歩前進した。 …


Sponsor Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です