米リング誌によると、バドゥ・ジャック(スウェーデン)/25戦22勝(13KO)1敗(1KO)2NCが、WBA世界L・ヘビー級王座を返上することが分かった。バドゥ・ジャックはWBA(世界ボクシング協会)に保持するWBA世界L・ヘビー級王座を返上することを通知した。

 バドゥ・ジャックは、8月27日に米・ネバダ州ラスベガスにあるT-Mobileアリーナで、WBA世界L・ヘビー級王者ネイサン・クレバリー(英)と対戦し王座を獲得。その後、WBAはバドゥ・ジャックに対し次戦、同級1位のWBA世界L・ヘビー級暫定王者ドミトリー・ビボル(ロシア)/11戦全勝9KOとの指名戦を義務付けていた。

 米関係者によると、ドミトリー・ビボルは11月4日にモナコで、WBA同級11位のトレント・ブードハースト(豪)/21戦20勝(12KO)1敗(1KO)と空位となったWBA世界L・ヘビー級王座決定戦を行う見通しだという。モナコで行うイベントは、エディ・ハーン氏が率いるマッチルーム・プロモーションズ(英国大手ボクシング・プロモーター)が主催し、米国向けへプレミア・ケーブルTV局HBOが中継する予定となっている。

 王座を返上したバドゥ・ジャックは、WBC世界L・ヘビー級王者アドニス・スティーブンソン(カナダ)へ挑戦する意向を示し開催地は問わないと話している。

Sponsor Link

 L・ヘビー級は戦国時代へ突入する。S.O.G神の子、アンドレ・ウォード(米)が現役引退を表明。保持しているWBA、WBO、IBFの王座が散らばれば新たな覇権争いがはじまるだろう。現L・ヘビー級はWBC世界L・ヘビー級王者アドニス・スティーブンソン(カナダ)を筆頭に、元3団体統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)、さらにビボルの他にも旧ソ連勢、ハイレベルなタレントが揃い好試合が期待できる階級である。

 トップ・プロスペクト、アルツール・ベテルビエフ(ロシア)/11戦全勝全KOは、11月11日に同級3位エンリコ・コーリン(ドイツ)を相手にIBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦を行うことが決定。現L・ヘビー級では間違いなくトップクラスの実力をもつ選手である。

 カナダを主戦場にしていたベテルビエフにとってこの試合は米国で2度目。トップランクが主催しESPN(米・スポーツ専門チャンネル)で中継される大舞台。ベテルビエフにとって好機となる試合である。

 ベテルビエフは契約しているイボン・ミシェル氏との契約問題の他、対戦相手にも恵まれなかった。IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦では、なかなか対戦相手が決まらずにいた。もちろん、ベテルビエフはそこまで知名度はなく危険な相手。挑戦者にとってリスキーだったことはあるだろう。

 WBO(世界ボクシング機構)は、1位がセルゲイ・コバレフ、2位アルツール・ベテルビエフ、3位アレクサンデル・ゴズディク(ウクライナ)となっている。

 セルゲイ・コバレフは11月25日に米・ニューヨーク州ニューヨークにあるMSGシアターで、WBC同級10位のビャチェスラフ・シャブランスキー(ウクライナ)を相手に復帰戦を行うことが決まっている。

(Via:The Ring

Sponsor Link

関連記事はこちら

WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ、11月11日ジェシー・マグダレノ対サセール・フアレスが決定!

米国現地時間11月11日、カリフォルニア州フレズノにあるセーブマート・センターで、WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが開催されることが決定した。WBO世界スーパーバンタム級王者ジェシー・マグダレノ(米)、L・ヘビー級トップ・プロスペクト アルツール・ベテルビエフ(ロシア)が出場する。 …

WBA、WBA王者クレバリー対ジャックの勝者とドミトリー・ビボルの指名戦を義務付けることを発表!

ライトヘビー級の事実上の頂上決戦、アンドレ・ウォード対セルゲイ・コバレフの因縁の再戦も決着がつき、パウンド・フォー・パウンド(PFP)ウォードの動向が気になるこのクラスには、トッププロスペクト含みタレントが多い。中でもWBA世界ライトヘビー級暫定王者ドミトリー・ビボル(キリギスタン)/11戦全勝9KOの注目度は高い。 …

WBA王者ネイサン・クレバリー次戦バドゥ・ジャック戦が8月26日に決定!

Showtime(米・大手ケーブルTV局)は米国現地時間2017年8月26日にネバタ州ラスベガスにあるT-Mobileアリーナで、WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ、レギュラー王者ネイサン・クレバリー(英)対WBA同級11位のバドゥ・ジャック(スウェーデン)の一戦を行うことを正式に発表した。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

ゴロフキン対カネロ、歴史的にも重要な一戦は判定結果で物議を醸すことに

間違いなく2017年間最高試合にノミネートされる素晴らしい戦いだった。それだけに実に後味の悪い残念な結果となった。歴史的にも重要な一戦は、ソーシャルメディアを通じ疑惑の判定と言われ世界的に大きな波紋を呼んでいる。 …

WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー次戦ルイス・オルティスと対戦することが正式に決定!

現地時間20日に、米・ニューヨーク州ニューヨークで記者会見が行われ、11月4日に米・ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターでWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)/ 38戦全勝37KOが、WBC同級2位のルイス・オルティス(キューバ)/ 29戦27戦(23KO)2無効試合 を相手に6度目の防衛戦を行うことが発表された。 …

Sponsor Link