交渉が進められているIBFスーパーライト級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)/12戦全勝10KOと、同級3位の近藤明広(一力)/36戦29勝(16KO)6敗1分のIBF世界スーパーライト級王座決定戦が、2017年11月に米・ニューヨークで開催することを目標に交渉が進められていることが分かった。

 11月はニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)と、ルイス・オルティス(キューバ)の一戦が大筋合意。リピネッツ対近藤が合意すれば、ワイルダー対オルティスのアンダーカードで開催される可能性は高い。

 米・ボクシングメディア、ボクシングシーンによると、セルゲイ・リピネッツを務めるマネージャーが、ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催することを目標に交渉が進められていると報じている。興行を主催するTGBプロモーションズはマッチメークに関心を示し、FOX、Showtime(米・ケーブルTV局)で中継することが計画されている。

Sponsor Link

 リピネッツのマネージャーは「クロフォード陣営はIBFを返上した。我々は、次点のランカー同級3位(2位は空位)の日本の近藤陣営と交渉している。11月にニューヨークで開催することを望んでいる」。と述べている。

 メージャー4団体の王座を統一したテレンス・クロフォード(米)はIBFの王座を返上。これを受けIBFは、空位となったIBF世界スーパーライト級王座決定戦を同級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)と、同級3位の近藤明広(一力)で行うよう両陣営に通達。すでに、両陣営はIBFへ王座決定戦に出場する意思があることを伝えている。

 IBFは、交渉期限を9月30日としている。交渉が纏まらない興行権は入札となる。

 リピネッツは、ジュリアス・インドンゴとの指名戦が決まっていたが、インドンゴ陣営はIBFへ指名戦前にWBC・WBO王者テレンス・クロフォード(米)との王座統一戦の承認を要請。IBFは、クロフォード対インドンゴの勝者に対しセルゲイ・リピネッツとの指名戦を義務付けることを条件に特別承認していた。

(Via:boxingscene) 

Sponsor Link

リピネッツ対近藤の関連記事はこちら

IBF、IBF世界S・ライト級王座決定戦リピネッツ対近藤明広を指令!

IBF(国際ボクシング連盟)は現地時間30日、テレンス・クロフォード(米)が王座を返上し空位となったIBF世界スーパーライト級王座決定戦を、同級1位のセルゲイ・リピネッツ(ロシア)/12戦全勝10KOと、同級3位の近藤明広(一力)/36戦29勝(16KO)6敗1分で行うよう両陣営に通達。交渉期限は9月30日、交渉が纏まらない場合は興行権は入札となる。 …

WBC世界ヘビー級王者ワイルダー次戦11月にルイス・オルティス戦が基本合意!

実現すれば2017年後半のヘビー級戦線の注目カードとなるだろう。もちろん、テクニックもあるがパワーでねじ伏せている感があるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)/38戦全勝37KO、の対戦相手として技巧派ルイス・オルティス(キューバ)の一戦は興味深い戦いになりそうだ。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

井上尚弥、アントニオ・ニエベス、フジテレビで放送!

2017年9月、米国に初上陸する”モンスター”WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)の米デビュー戦が地上波フジテレビ*関東ローカルで放送されることが分かった。9月10日 26時25分〜27時20分に放送。生中継はWOWOWエキサイトマッチで中継される。 …

亀海喜寛、コットに完敗!中量級の壁は厚かった

亀海がプエルトリカンの英雄コットに勝てば世界のボクシング史に名を刻むことになったのは間違いない。しかし、世界の猛者達が集う中量級、日本人ボクサーと世界のトップクラス・ボクサーとの壁は厚い。 …