再戦が一旦、中止となったWBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)と、同級正規王者アブネル・マレス(メキシコ)は、同じイベントで共演する計画があることが分かった。米・ボクシングシーンによると、アブネル・マレスがインタビューに応じ、2017年10月14日にマレス、サンタ・クルスの試合が同一イベントで計画されていることを明かしている。
 
 マレスは「明確な対戦候補はまだ挙がってないけど、10月14日の開催日程があることは確かだよ。レオ陣営から10月7日の日程もでていたけど、それは彼らが検討していた日なんだ。その戦いもなくなったけどね」。と述べている。

 レオ・サンタ・クルス陣営は、マレスとの再戦前に臨時の試合を挟むことをマネージャーを務めるアル・ヘイモン氏に要請していた。「そうなると思う。レオと同じイベントで戦うことになるだろう。誰がメーン・イベントを務めるか分からないけど、気にはしていないよ。

Sponsor Link

 まだ確定していないけど、FOXのようだね。会場も未定だけどロサンゼルスになると思う」。と述べている。

 当初、WBA(世界ボクシング協会)は、スーパー王者レオ・サンタ・クルスと、正規王者アブネル・マレスに王座統一戦を指令していた。王座統一戦は中止となったが、WBAがサンタ・クルスの選択防衛戦を承認するか否かは分かっていない。

 サンタ・クルス対マレスの再戦交渉は報酬分配を巡り難航。WBAは興行権の入札の期日を発表した。WBAは両陣営が合意したことを受け入札の中止を発表したが合意していなかった。

(Via:boxingscene) 

Sponsor Link

サンタ・クルス対マレスの関連記事はこちら

中止!WBA世界フェザー級王座統一戦サンタ・クルス対マレスの再戦は中止に

正式発表待ちと報じられていたWBA(世界ボクシング協会)が指令していたWBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)と同級レギュラー王者アブネル・マレス(メキシコ)の王座統一戦が中止となる見通しであることが分かった。現時点でWBAから公式通知はなく今後の方針は不明。 …

WBA世界フェザー級タイトルマッチ、サンタ・クルス対アブネル・マレス近く正式発表

会場、日程は決まったが正式発表が待たれているWBA世界フェザー級タイトルマッチ、スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)/35戦33勝(18KO)1敗1分対WBA同級正規王者アブネル・マレス(メキシコ)/32勝29勝(15KO)2敗1分の王座統一戦が近く正式発表される見通しであることが分かった。 …

Sponsor Link

WBA世界フェザー級タイトルマッチ、サンタ・クルス対アブネル・マレス再戦は10月17日に決定!

発表が待たれていた、WBA世界フェザー級タイトルマッチ、スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)対WBA同級王者アブネル・マレス(メキシコ)の王座統一戦の開催日程が、現地時間2017年10月17日、米・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターで開催されることが決定した。 …

Sponsor Link

WBA王者サンタ・クルス、マレスとの再戦前に臨時試合を挟む?!

リングスター・スポーツCEOを務めるリチャード・シェイファー氏の公式アナウンス待ちと言われているメキシカン同士の再戦計画が変更となる可能性がでてきた。 …


WBA王者サンタ・クルス、マレスとの再戦は9月9日米・ロサンゼルスが濃厚!

WBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)と、同級WBA正規王者アブネル・マレス(メキシコ)の王座統一戦が2017年9月9日米・カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で合意に向け交渉が進められていることが分かった。  関係者によると、9月9日開催を目標に交渉が進められ、契約条件に関しいくつか決定する必要があるとESPN …

Sponsor Link

WBA、サンタ・クルス、マレスのWBA世界フェザー級王座統一戦を指令!

決まればおよそ2年ぶりの再戦となるだろう。WBA(世界ボクシング協会)は現地時間3日、WBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)に対し、同級正規王者アブネル・マレス(メキシコ)と王座統一戦を行うよう指令した。 …