今度こそ決まるのだろうか。WBA(世界ボクシング協会)は、現地時間8月21日に興行権入札の指令をしていたWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネル(英)/32戦29勝(13KO)2敗1分対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)/31戦25勝(11KO)5敗1分の入札を中止することを発表。両陣営は正式な契約書を20日以内にWBA提出することが義務付けられている。

 マクドネル対ソリスの興行権の入札は今回が2度目だった。WBAは2017年2月1日に再戦を指令している。30日以内に交渉をまとめるよう両陣営に通達。しかし、マクドネルはポール・バトラー(英)戦が浮上し、30日経過してもWBAから入札の指令はなかった。

 バトラー戦が消滅しWBAは、6月20日に興行権の入札を7月3日にWBAの本部があるパナマで行うことを発表。最低入札金額は12万5000ドル(約1389万円)、報酬分配は王者ジェームス・マクドネルが75%の約1041万円、挑戦者リボリオ・ソリスが約342万円受け取ることが決まっていた。

Sponsor Link

 7月3日、マクドネル、ソリス陣営が再戦に合意。これを受けWBAは興行権入札の中止を発表。しかし、30日以上経過してもWBAは正式な契約書を受信していないことを受け、2度目の興行権の入札を指令する運びとなっていた。

最低入札金額は12万ドル(約1300万円)、報酬分配は王者ジェームス・マクドネルが75%(約975万円)、リボリオ・ソリスが25%(約325万円)を受け取ることになっていた。

 今回のWBA再戦は、2016年11月12日にモンテカルロのサル・デゼトワールで行われたマクドネル対ソリス戦で、マクドネルが12回3−0(116-112, 115-113, 117-111)の判定で勝利。しかし、試合後にソリス陣営が判定を不服としWBAに再戦を要請。WBAが協議した結果ソリス陣営の要請を承認し再戦の指令をしていたものとなる。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

マクドネル対ソリスの関連記事はこちら

in44y

一旦は合意したと報じられていたWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネル(英)/32戦29勝(13KO)2敗1分対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)/31戦25勝(11KO)5敗1分の再戦が合意していないことが分かった。 …

WBA世界バンタム級マクドネル対ソリスの再戦が合意!

WBA(世界ボクシング協会)から再戦が指令され、入札期限が設定されたWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネル(英)/ 32戦29勝(13KO)2敗1分対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)/ 31戦25勝(11KO)5敗1分 の再戦が入札を回避。両陣営が合意したことが分かった。 …

Sponsor Link

WBA、WBA王者マクドネル対リボリオ・ソリス再戦の入札を7月3日に行う予定

WBA(世界ボクシング協会)、最近何かと判定結果が物議を醸し「疑惑の判定」と多くの海外メディアが報じ話題となっている。この一戦もその1つだろう。  WBAが2017年1月にダイレクト・リマッチの指令をしていたWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネル(英)/ 32戦29勝(13KO)2敗1分対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)/ 31戦25勝(11KO)5敗1分 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

中止!WBA世界フェザー級王座統一戦サンタ・クルス対マレスの再戦は中止に

正式発表待ちと報じられていたWBA(世界ボクシング協会)が指令していたWBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)と同級レギュラー王者アブネル・マレス(メキシコ)の王座統一戦が中止となる見通しであることが分かった。現時点でWBAから公式通知はなく今後の方針は不明。 …

ロマチェンコ対リゴンドー、五輪金メダリスト対決の交渉が開始!

夢の五輪2大会金メダリスト対決は実現するのだろうか。ロマチェンコ対リゴンドー、実現すればマニア必涎の黄金カードとなることは間違いない。しかし、階級の問題、報酬、観客動員と超えなければならないハードルは高そうだ。  米・ボクシングシーンによると、トップランク …