米・ボクシングシーンによると、マッチルーム・プロモーションズ(英ボクシングプロモーター)エディ・ハーン氏が、再戦の交渉が進められているWBA・IBF世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュア(英)と、元3団体ヘビー級統一王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の一戦で、クリチコ陣営が再戦の開催地として英国開催を望んでいないことを明らかにした。

 エディ・ハーン氏は、デイリー・ミラー(英タブロイド紙)のインタビューで、クリチコ陣営が再戦の候補地として挙がっているロンドンにあるウェンブリー・スタジアム、英カーディフにあるプリンシパリティ・スタジアムで再戦を望んでいないことを明らかにしている。

 ハーン氏は「ベガスが最有力候補地だ。2週間以内に開催地は決まるだろう。クリチコは英国外であれば、再戦を行使するだろうと思っている。彼は、英カーディフでボクシングをすることを望んでないと思う。

Sponsor Link

 彼は、ジョシュアとの初戦をエンジョイできたと思うし、彼は大きなビッグ・イベントを望んでいるとおもう。彼にとって報酬はそれほど重要だと思えないし報酬金額で何か変わるとは思っていない。

 開催地は、ベガスかもしれないし、ナイジェリアかもしれない。彼がもし再戦条項を行使しない場合、10月28日にクブラト・プーレフと戦うことになるだろう」。と述べている。

 ジョシュアは「たとえ彼がどんな決断を下したとしても、みんな彼のことをリスペクトしています。こうなれば、我々はプランBであるプーレフと戦うことになるだろう。彼もオプションの1人だからね」。と述べている。

 ジョシュア対クリチコの契約には再戦条項があり、クリチコ陣営が再戦を行使するかはまだ決まっていない。

 ハーン氏は、クリチコ陣営が再戦を行使しない場合、2017年10月29日に英、ウェールズの首都カーディフにあるおよそ74,500人収容可能なプリンシパリティ・スタジアムで、IBF同級2位の指名挑戦者であるクブラト・プーレフ(ブルガリア)と指名戦を行う方針であることを示している。
 
(Via:boxingscene

Sponsor Link

ジョシュア対クリチコの関連記事はこちら

WBA・IBF統一王者ジョシュア、クリチコの再戦は11月ベガス開催か?!

ヘビー級新時代の顔の1人、WBA・IBF世界ヘビー級統一王者・アンソニー・ジョシュア(英)が、世界的なボクシングの”メッカ”米国へ上陸する可能性が浮上した。米・ボクシングシーンによると、2017年11月に再戦の計画がされているジョシュア対クリチコの再戦の開催地として米・ネバタ州ラスベガスが候補に挙がっていることが分かった。 …

WBA・IBF統一王者ジョシュア、クリチコの再戦情報

マッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏によれば、WBA・IBF・IBO世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュア(英)と、元ヘビー級3団体統一王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の再戦が行なわれる可能性が高いという。ジョシュアの次戦は4週間以内に発表される見通しとなっている。 …

Sponsor Link

WBA・IBF王者ジョシュア、クリチコとの再戦情報

マッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏は、WBA・IBF・IBO世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュア(英)と、元3団体ヘビー級統一王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の再戦を11月に開催したい意向であることを明らかにした。さらに、開催地として英国カーディフの他、米・ネバタ州ラスベガス、中国、ドバイをあげた。 …

IBF王者ジョシュアがクリチコに勝利、ヘビー級新時代が幕を開けた!

ヘビー級史に残る重要な一戦は、歴史に残る名勝負に  現地時間2017年4月29日、世界ヘビー級新時代が幕を開けた。この結果により、クリチコが長期政権を築き停滞気味だったヘビー級のトップ戦線が活発化。米英対決、ボクシングの枠を超えたスーパーマッチの期待が高まったことは間違いないだろう。 …

ジョシュア、クリチコ、Showtime、HBOの視聴者件数

米・プレミアケーブル局のHBO(米・最大手ケーブルTV局)、Showtime(米・大手ケーブル局)が、現地時間2017年4月29日に配信した、英国ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムで開催されたWBA・IBF・IBO世界ヘビー級王座統一戦、アンソニー・ジョシュア(英)、対、ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の視聴者件数が明らかとなった。 …