米・リング誌によると、デュコ・イベンツ社は、WBO世界ヘビー級王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)/23戦全勝18KOが2017年9月23日に英国、マンチェスターにあるマンチェスター・アリーナで、同級1位のヒューイ・フューリー(英)/20戦全勝18KOと2度目の防衛戦を行うことを発表した。

 パーカーは「英国へ渡り、素晴らしいパフォーマンスを披露することを楽しみにしている。英国へ行くことは本当に楽しみなんだ。ヒューイがニュージーランドに来ないことについては別に気にしていないよ。

 ヒューイのことはリスペクトしているし、俺は自分がやるべきことをやるだけだよ。それは、英国に行きタイトルを防衛してニュージーランドにベルトを持ち帰ることだ」。と述べている。

 7月8日の興行でWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)と、同級暫定王者アフタンティデル・クルツィゼ(ジョージア)の一戦が予定されていたが、クルツィゼが逮捕されたことにより中止となっている。

Sponsor Link

 ヒューイ・フューリーは2017年7月8日に、英国ロンドンにあるカッパー・ボックス・アリーナで、およそ15ヶ月ぶりにリングへ復帰する予定となっている。

 「リング上の輝くライトの下に戻ることが待ちきれないよ。パーカーとのタイトルマッチが中止になってしまい残念だけど、ボクシングという競技は怪我は珍しくないし、つきものなんだ。

 2017年内にWBO世界ヘビー級王座のベルトを手にするよ」。と意気込みを語っている。対戦相手は未定、パーカー戦前のウォーム・アップ戦となる。

 興行を主宰するクイーンズ・ベリー・プロモーションズ フランク・ウォーレン氏は「ヒューイは、最もエキサイティングなヘビー級のプロスペクトの1人です。ヒューイのカードをカッパー・ボックス・アリーナに追加できることになり嬉しいです。

 年内、パーカーに挑戦する前にウォーム・アップ戦に勝たなければなりません。彼がWBO王座を獲得し、ヒューイ家族が再び王座を獲得することを確信している」。と述べている。

(Via:The Ring

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

ジェイコブス、ゴロフキン対カネロのアンダーに出場か?!

元WBA世界ミドル級王者・ダニエル・ジェイコブス(米)の復帰戦が、米ESPNの記者ダン・レイフィール氏によると、2017年最大のメガ・イベント、2017年9月16日に米・ネバタ州ラスベガスにあるT-Mobileアリーナで行なわれるWBA・WBC・IBF世界ミドル級3団体王座統一戦、王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)のアンダーカードで計画さ…

マイキー、ブローナー戦後はパッキャオ、ロマチェンコ、リナレスが候補か?!

米・ボクシングシーンによると、次期ペイ・パー・ビュー(PPV)スター候補と言われる3階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)の実兄でトレーナーのロベルト・ガルシア氏が今後のマイキー・ガルシアの対戦候補としてパッキャオ、ロマチェンコ、リナレスを挙げていることが分かった。 …

Sponsor Link

ロマチェンコ、サリドの再戦交渉はまた消滅か?!

パウンド・フォー・パウンド(PFP)上位に君臨し評価が高いWBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)次戦の対戦相手は一体誰になるのだろうか。基本合意が報じられたオルランド・サリドとの再戦が暗礁に乗り上げている。 …