米・ボクシングシーンによると、合意が待たれているWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)の一戦が2017年9月16日に英国で開催される見通しであることが分かった。

 大筋合意していることが報じられているが、最終合意に向けていくつか契約条件を詰める必要があるという。ベルデホ陣営は確定次第、米・ロサンゼルスに向かう予定となっている。

 フラナガン対ベルデホは現地時間9月16日に、英国ロンドンにあるカッパー・ボックスで行なわれる計画となっている。同日、メーンイベントしてWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)/24戦全勝(12KO)の2度目の防衛戦が行なわれる予定となっている。

Sponsor Link

 同日、米・ネバタ州ラスベガスにあるT-Mobileアリーナで、WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦、王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)が行なわれる。

 さらに、このイベントにはWBOミドル級ランキング6位のダニエル・ジェイコブス(米)の出場が内定。アンダーカードにビッグカードが組まれる公算が高い。レミュー対ジェイコブスが決まれば興味深い一戦となるだろう。

 WBOミドル級の指名挑戦権をもつ同級2位のデビッド・レミュー(カナダ)は次戦、選択試合を要請。レミューは興行を主催するGBP(ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ)傘下である。

 さらに、レミュー、ジェイコブスはゴロフキンと戦ったことがある。好戦的な2人が戦えば好試合になることは言うまでもない。メーンイベントにも繋ぎやすく、後の4団体王座統一戦のシナリオとしても合理的である。

Sponsor Link

ベルデホはビッグベアー・レイクでトレーニング・キャンプ予定

 フェリックス・ベルデホのマネージャーを務める。リッキー・マルケス氏は「準備はできている。カリフォルニアにいくために最終確定をまっている」。と述べている。最終確定後、ベルデホはプエルトリコを離れゴロフキンのヘッド・トレーナーとして知られるアベル・サンチェス氏の待つ米・カリフォルニア州ビッグベアー・レイクでトレーニング・キャンプを行う予定となっている。

 WBO(世界ボクシング機構)パコ・バルカルセル会長は、フラナガン対ベルデホの交渉がいかなる場合であっても決裂した場合、ベルデホを1位のランクから外すことを勧告。交渉が決裂した場合、同級ランキング2位のレイ・ベルトラン(メキシコ)がフラナガンの指名挑戦者となる。

 米国向けの中継ホストは未定だが、トップランク(米・大手ボクシングプロモーター)と新たに契約を結んだESPN(米・スポーツ専門チャンネル)が中継する可能性もありそうだ。

(Via:boxignscene

Sponsor Link

ベルデホ、フラナガンの関連記事はこちら

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホが大筋合意!

交渉が進められているWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)の一戦が合意間近であることが分かった。WBO(世界ボクシング機構)パコ・バルカルセル会長が、大筋合意していることを明らかにした。 …

マルケス復帰戦、ベルデホWBO王者フラナガンへの挑戦を表明、今日気になった世界のボクシングニュース

今日気になった、マルケスの復帰戦、ベルデホの世界挑戦のニュースをお届けする。  4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が、2017年6月24日に復帰戦を検討していることを、マルケスのトレーナーを務めるナチョ・ベリスタイン氏が明らかにした。 …

Sponsor Link

帝里木下、アンカハス戦はESPNで世界へ配信されることが決定!

ESPNによると、トップランク社(米・大手ボクシング・プロモーター)ボブ・アラム氏は、ESPN(米・スポーツ専門チャネル)と契約することを発表した。現地時間2017年7月2日、オーストラリア、ブリスベンにあるサンコープ・スタジアムで行われるWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオ(フィリピン)対WBO同級1位ジェフ・ホーン(豪)戦がESPNの新シリーズのキックオフとなる。 …

オススメ記事はこちら

ミゲール・コット対亀海喜寛は8月26日予定どおり挙行される

プエルトリカンの英雄ミゲール・コット対亀海喜寛(帝拳)のイベントは予定どおり挙行される。米・ボクシングシーンによると、コット陣営は 同日ラスベガスで突如決まったフロイド・メイウェザーJr.(米)対コナー・マクレガー戦の影響はあまり心配していないという。 …

村田諒太、WBO王者ソーンダースと対戦交渉か?!

アッサン・エンダム(フランス)との試合が「疑惑の判定」と言われ一躍ミドル級で、時の人となったロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(帝拳)の対戦相手にWBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)が浮上した。日本開催がのぞまれるが、英国開催、他のオプション、各国の思惑もあるなか、今後の交渉の行方に注目が集まることは間違いない。 …