米・ボクシングシーンによると、IBF世界ライトフライ級王座を獲得したミラン・メリンド(フィリピン)の初防衛戦が2017年9月16日、フィリピンのセブ市のウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノで計画されていることが分かった。

 ミラン・メリンドの初防衛戦の相手は未定。興行はトンプソン・ボクシング・プロモーションズで開催され、試合はthompsonboxing.com、facebookでライブ配信される見通しとなっている。

 IBF世界ライトフライ級王者・八重樫東が負傷し防衛戦を行えないため、IBFは暫定王座設置を決定。ミラン・メリンドは、2016年11月にフィリピンのセブ氏にあるセブ・コロシアムで、ファーラン・サックリンJr.とIBF世界ライトフライ級暫定王座決定戦を行い、12回3−0の判定勝ちを収め、暫定王座を獲得した。

 その後、12月に八重樫東と王座統一戦を行う予定だったが、ミラン・メリンドがファーラン戦で鼻を負傷していたため延期。2017年5月21日、八重樫東とIBF世界ライトフライ級王座統一戦を行い、1回TKO勝ちを収め王座統一に成功している。

(Via:boxingsecne

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

亀海、コット、コット戦はサプライズだった

亀海喜寛(帝拳)が、ミゲール・コット(プエルトリコ)戦についてコメントした。亀海は、2017年8月26日米・カリフォルニア州カーソンにあるスタブハブ・センターで、4階級制覇王者ミゲール・コット(プエルトリコ)とWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦を争うことが決定している。 …

村田諒太、WBO王者ソーンダースと対戦交渉か?!

アッサン・エンダム(フランス)との試合が「疑惑の判定」と言われ一躍ミドル級で、時の人となったロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(帝拳)の対戦相手にWBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)が浮上した。日本開催がのぞまれるが、英国開催、他のオプション、各国の思惑もあるなか、今後の交渉の行方に注目が集まることは間違いない。 …

Sponsor Link

ロマチェンコ、サリド再戦は8月5日か?!近く決まる予定

再戦の交渉が進めらているWBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)/ 9戦8勝(6KO)1敗対オルランド・サリド(メキシコ)/ 62戦44勝(31KO)13敗(5KO)4分 は実現するのだろうか。前回は、大筋合意していると報じられていたが、直前で交渉が決裂している。 …