再戦の交渉が進めらているWBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)/9戦8勝(6KO)1敗対オルランド・サリド(メキシコ)/62戦44勝(31KO)13敗(5KO)4分は実現するのだろうか。前回は、大筋合意していると報じられていたが、直前で交渉が決裂している。

 米・ボクシングシーンによると、ロマチェンコをプロモートするトップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)ボブ・アラム氏は、2017年8月5日米・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターを予約。合意が近いという。

 現地時間22日に、ロマチェンコのマネージャーを務めるエイジス・クリマス氏と、ボブ・アラム氏が会談を行う予定。米関係者の話しによると、まだ合意に至っていないが近いうちに実現するか否か最終決定される見通しだという。

Sponsor Link

 オルランド・サリドのマネージャーを務めるショーン・ギボンズ氏は、ロマチェンコの再戦についてサリド陣営が契約に同意したことを明らかにしている。「トップランクが抱えている課題がまだ1つ残っている。我々は明日、それについてトップランクと会談する予定だ」。と述べている。

 再戦交渉のハードルとして、サリドの報酬があげられていたがこの問題はクリア。ギボンズ氏はサリドは報酬面に同意。「我々はロマチェンコとの再戦に向け、可能な限りできることを全てした」と強調。サリド陣営は同意し、残る課題はトップランクが抱えていることを明かしている。

 ロマチェンコのマネージャーを務めるエイジス・クリマス氏は、当初サリドとの再戦ではなく他団体王者への統一戦に意欲を示していたが方針を転換。サリドの再戦交渉のテーブルに着く方針であることを示していた。

 中継局などは明らかになってないがトップランクと関係の深いHBOは8月26日にミゲール・コット(プエルトリコ)対亀海喜寛(帝拳)の中継を決定。予算枠が限られているHBOが中継に乗り出すか不透明だが、一度、直前で破綻になっているだけにまだ予断は許さない状況にちがいはいない。

 ステイプルズ・センターはおよそ2万人の観客を収容可能。開催が決まればロマチェンコにとってキャリア初の大舞台となりそうだ。

(Via:boxignscene

Sponsor Link

ロマチェンコ、サリドの関連記事はこちら

ロマチェンコ、サリド再戦、マネージャーは前向きな姿勢を示した

WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)のマネージャーを務めるエイジス・クリマス氏が、オルランド・サリド(メキシコ)との再戦について前向きな姿勢を示し、ロマチェンコの次戦を7月から8月の間で調整していることを明らかにした。 …

ロマチェンコ、サリドの再戦8月上旬開催を目標に交渉開始!

サンフィール・プロモーションズ(メキシコ大手ボクシングプロモーター)が、WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、オルランド・サリド(メキシコ)の再戦を交渉する方針であることを明らかにした。はやければ8月上旬開催を目標に交渉が進められるという。 …

ワシル・ロマチェンコ次戦は2017年夏の終わり頃を予定

パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強の呼声が高いWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の次戦が2017年夏頃を予定。ロマチェンコはオルランド・サリド(メキシコ)との再戦は優先度が低いことを明かした。 …

続報!ロマチェンコ、サリドとの再戦の行方!

WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、元WBA世界スーパーフェザー級王者ジェイソン・ソーサ(米)に格の違いを見せつけ圧倒的な勝利を得た。ファンの中でもライト級に進出し、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)らとのビッグマッチを望む声は多い。そんな中、トップランクの重鎮ボブ・アラム氏が、オルランド・サリド(メキシコ)との再戦について語った。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

帝里木下、アンカハス戦はESPNで世界へ配信されることが決定!

ESPNによると、トップランク社(米・大手ボクシング・プロモーター)ボブ・アラム氏は、ESPN(米・スポーツ専門チャネル)と契約することを発表した。現地時間2017年7月2日、オーストラリア、ブリスベンにあるサンコープ・スタジアムで行われるWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオ(フィリピン)対WBO同級1位ジェフ・ホーン(豪)戦がESPNの新シリーズのキックオフとなる。 …