米・リングマガジンによると、WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)の次戦が2017年9月23日に米・西海岸で計画されていることがわかった。リナレスは現地時間6月20日、契約するゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏と、次戦の対戦相手について会談する予定となっている。

 リナレスは「次戦の開催日程は9月23日にロサンゼルスになると思っている。火曜日(6月20日)にGBPのオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏と対戦相手を確定するため話し合う予定だよ。
 
 我々は、できるかぎりトップのランクにはいるファイターと対戦を実現しようと考えている。簡単な戦いは望んでいないしね。

 この戦いのあと、全てがうまくいけば今年12月にイングランドでルーク・キャンベル(英)との戦いの話しがある」。と述べている。

Sponsor Link

 WBA王座およびWBC世界ライト級ダイアモンド王者であるホルヘ・リナレスはWBC(世界ボクシング評議会)より、WBC世界ライト級王者・マイキー・ガルシア(米)と王座統一戦を行うよう命じられていたが、マイキー・ガルシアは2017年7月29日に、エイドリアン・ブローナー(米)と対戦することが決定した。
 
 これに対しリナレスは「この戦いは50−50だと思う。マイキー、ブローナー、彼らはともに素晴らしいファイターだからね。マイキーと戦う準備はできていたんだ。近い将来、彼と戦うことになるだろうね。俺は誰も恐れていない」。と述べている。

 ルーク・キャンベル(英)/18戦17勝(14KO)1敗は、2017年4月29日に英国ロンドンで、ダルレイ・ペレス(コロンビア)とWBC世界ライト級挑戦者決定戦を行い、9回TKO勝利を収めWBC世界ライト級王座への挑戦権を獲得している。

 ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)/45戦42勝(27KO)3敗は、2017年3月25日に英国マンチェスター、マンチェスター・アリーナでアンソニー・クローラ(英)と再戦し、12回3−0の判定勝ちを収めている。リナレスは4回級制覇達成をかかげており、近い将来にスーパーライト級への転向を示唆している。

(Via:The Ring

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

村田諒太、WBO王者ソーンダースと対戦交渉か?!

アッサン・エンダム(フランス)との試合が「疑惑の判定」と言われ一躍ミドル級で、時の人となったロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(帝拳)の対戦相手にWBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)が浮上した。日本開催がのぞまれるが、英国開催、他のオプション、各国の思惑もあるなか、今後の交渉の行方に注目が集まることは間違いない。 …

井上尚弥、ロマゴンとの軽量級史上最大のメガファイト実現に意欲!

9月に米国で共演を果たすパウンド・フォー・パウンド上位の両者、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)と、4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が19日に、都内で記者会見に臨み、近い将来に軽量級史上最大のメガファイトを実現させたい意向であることを示した。井上尚弥の試合はフジテレビ系で放送される予定となっている。 …

Sponsor Link

山中慎介、ルイス・ネリーの観戦チケットの発売が開始!

2017年8月15日、京都にある島津アリーナ京都で行なわれる「ワールド・プレミアム・ボクシング26」WBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介(帝拳)対WBC同級1位ルイス・ネリー(メキシコ)/23戦全勝(17KO)の観戦チケットがチケットぴあより販売が開始された。チケット購入は こちら から。 …