元WBA世界バンタム級スーパー王者モレノが正式に引退を表明


photo by:boxingscene

 元WBA世界バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノ(パナマ)が1日、パナマで放送された「ザ・ベスト・オブ・ボクシング」を通じて正式に現役引退することを発表した。

 モレノは2017年5月27日、パナマで行われたWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦で、同級5位のフリオ・セハ(メキシコ)と対戦し3回KO負け。試合後のメディカル検査を受け引退を決断したという。プロ戦績は43戦36勝(12KO)6敗1分。

 15年にも及ぶキャリアをボクシングに捧げたモレノは、将来的にボクシング殿堂入りを望んでいるという。2016年9月に行われたWBC世界バンタム級王者・山中慎介、対、アンセルモ・モレノの一戦は、米・メディア・ボクシング・シーンが「年間最高試合」として選出している。

Sponsor Link

 モレノは6年に渡りWBA世界バンタム級王座を防衛、長期政権を築いている。2008年5月31日、ウラジミール・シドレンコ(ウクライナ)と対戦し、12回3-0(2者116-112、116-113)の判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座を獲得。その後、2010年にスーパー王座として認定され12度の防衛を果たしている。

 年間最高試合を受賞した山中慎介との再戦は、キャリア最高のパフォーマンスだったのは間違いない。初戦は僅差の判定。ファンの間で初戦は「モレノが勝っていた」という意見もあり、再戦前にモレノは完全決着すると話し、双方が完全決着を臨んでいる戦いであることは明白だった

 再戦はダウンの応酬、初戦以上の緊張感があり何よりエキサイティング。チャンピオン・シップに相応しい素晴らしい戦いだった。1回、山中はモレノのコンビネーションを貰いピンチに見舞われるが、終了間際モレノからダウンを奪った。しかし、4回にモレノのカウンターが山中にヒットし、今度は山中がダウン。

 シーソーゲームの試合が展開する中、6回、再び山中がモレノからダウンを奪い、7回、2度のダウンを追加しKO勝利。モレノはこの試合がプロ初となるKO負けとなっている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

モレノの関連記事はこちら

山中慎介、米メディアから2016年間最高試合を受賞!

米・ボクシング専門メディア、BoxingScene(ボクシングシーン)は2016年間最高試合(Fight Of The Year)に、2016年9月16日大阪にあるエディオンアリーナ大阪で行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介(帝拳)、アンセルモ・モレノ(パナマ)を選出した。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

ロマチェンコ、サリド再戦、マネージャーは前向きな姿勢を示した

WBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)のマネージャーを務めるエイジス・クリマス氏が、オルランド・サリド(メキシコ)との再戦について前向きな姿勢を示し、ロマチェンコの次戦を7月から8月の間で調整していることを明らかにした。 …

亀海、コット次戦の記者会見が米・ロサンゼルスで開催された

米国現地時間2017年8月26日、カリフォルニア州カーソンにあるスタブハブ・センターで行われるWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦の記者会見が現地時間31日、ロサンゼルスで行われWBOランキング1位ミゲール・コット(プエルトリコ)と、同級5位の亀海喜寛(帝拳)が出席し意気込みを語った。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です