2017年9月16日、米国で行なわれるWBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦、統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の最新ニュース、フロイド・メイウェザーJr.の勝敗予想のコメントをお届けする。

 2015年9月の試合を最後に現役引退した”カネロ”推しのフロイド・メイウェザーJr.は「GGGがカネロに勝つことができるかって?、それはありえない”ノー”だ。GGGに勝てるファイターは数は少ないがいる。俺のリストの最上位は”カネロ”だ。俺は間違いなくカネロがGGGを倒すことができると思っている。

 GGGがパワー・パンチを持っていることはわかる。打ち抜きもグッドだ。でも彼はベタ足で、リング上で多くのミスをおかす。現代ボクシングとは異なる。俺はこの戦いが判定決着になると思っていない。カネロは、今のボクシング界で最高のファイターの1人だ。彼のことを賞賛する。まったく脱帽するよ」。と述べている。

Sponsor Link

 契約条件、開催日程が決まったが開催地の決定がまだされていない。関係者によると、米・ネバタ州ラスベガスにあるおよそ2万人を動員できる「T-Mobileアリーナ」か、テキサス州ダラスにある10万人を動員できる「AT&Tスタジアム」が最有力候補として挙がっている。

 カネロは6月に母国メキシコのグアダラハラでトレーニングを開始。7月には米・カリフォルニア州ロサンゼルスにトレーニング・キャンプ地の拠点を移す予定となっている。遅くても、6月中に開催地の発表。公式記者会見をし、全米プロモーション・ツアー、決戦の日に向け本格的にトレーニング・キャンプ入りという感じだろうか。

 カネロのトレーナーを務めるホセ・レイノソ氏は「我々はすでにトレーニングを開始している。7月に米・ロサンゼルスにトレーニング・キャンプを移し決戦の日に備える」。と述べている。カネロは過去に、米・カリフォルニア州サンディエゴをトレーニング・キャンプの拠点としていたが、今回はロサンゼルスを拠点することが決まっている。

 WBC(世界ボクシング評議会)に不満を持つカネロは、ゴロフキンとの一戦でWBC(世界ボクシング評議会)に対し承認料を払わない姿勢を示している。

 カネロ陣営は、ゴロフキンとの王座統一戦が義務付けられていた2016年5月、過去にプロモート契約していたオールスター・ボクシングに契約違反で訴えられ法廷闘争中だった。この際、カネロ陣営がWBCに交渉期間の延期を要請したがWBCは延期を認めなかった。ゴロフキンから「逃げた」レッテルを貼られたカネロとWBCの溝は深そうだ。

 ゲンナディ・ゴロフキンのヘッド・トレーナーを務めるアベル・サンチェス氏によると、ゴロフキンは7月にトレーニング・キャンプ入りする予定となっている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

ゴロフキン、カネロの関連記事はこちら

ゴロフキン、カネロの一戦メイウェザー他、著名人による予想

2017年9月17日、有力開催地として米国で行なわれる予定のWBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦、王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の一戦、開催地の予想と共に現役選手らによる予想の声が届いている。今日は現役を引退した著名ボクサー、フロイド・メイウェザーJr.、マルコス・マイダナのコメントを紹介する。 …

ゴロフキン、カネロ、最新情報ミドル級リミット再戦条項あり

ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は、現地時間2017年9月16日、米国で行われる予定のWBA・WBC・IBF世界ミドル級3団体王座統一戦、王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の一戦の2つ契約条件を明らかにした。 …

ゴロフキン、カネロが電撃発表、チャベスJr.何もできず

2017年、米国で開催されるボクシング・イベントの規模としては最大級のイベントだろう。2017年9月16日、メキシコの独立記念日の週にWBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)のメガマッチが実現することが正式に決定した。 …

WBO、カネロが勝利した場合WBOミドル級挑戦権を与えること決定!

WBO(世界ボクシング機構)パコ・バルカルセル会長は、WBO世界スーパーウェルター級王者サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)/50戦48勝(34KO)1敗1分を、WBOスーパー王座として認定することを発表。この特権により、カネロがチャベスJr.に勝利した場合、WBO世界ミドル級王座挑戦権、WBO世界スーパーウェルター級王座に戻る何れかの権利が与えられる。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

WBA・IBF王者インドンゴ王座返上しクロフォードと統一戦か?!

一躍時の人となったWBA・IBF世界スーパーライト級統一王者ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)が次戦、IBF同級1位のセルゲイ・リピネッツ(ロシア)との指名防衛戦を回避。WBC・WBO世界スーパーライト級統一王者テレンス・クロフォード(米)との王座統一戦に方針を固める公算が高いことが分かった。 …