2017年9月に米国デビュー戦が噂される、スーパーフライ級のボス、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)の対戦相手に、元トップアマのマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)/19戦16勝(14KO)3敗が浮上した。

 まだ、具体的な交渉などは明らかになってないが、プエルトリコのニュース記事によると、マックウィリアムス・アローヨは、世界タイトルマッチの機会をうかがっているという。さらに、双子の弟であるマックジョー・アローヨ(プエルトリコ)/18戦17勝(KO8)1敗は、WBO世界フライ級王者ゾウ・シミン(中国)へ挑戦する噂が浮上している。

 HBO(米・最大手ケーブルTV局)、K2プロモーションズは、井上尚弥を、2017年9月に米・カリフォルニア州イングルウッドにある「ザ・フォーラム」で開催することで交渉が進められているWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ、王者シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)、対、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の再戦のアンダーカードで起用することに強い関心を示している。

Sponsor Link

 マックウィリアムス・アローヨはまだ噂段階であるが、ナルバエス戦以降のビッグネーム、高水準の相手。井上尚弥の米国デビュー戦の相手として、申し分の無い対戦相手だろう。

 しかし、アローヨはWBOのトップランキングでは圏外。WBOの承認など現段階では不透明な部分は多い。井上が次戦で米国デビューする可能性は非常に高いが、アローヨ戦はまだ噂程度として留めておきたい。

 アローヨは、2009年ミラノで開催された世界選手権フライ級で金メダルを獲得。プロでは世界タイトルは獲得してないが、2016年9月米・カリフォルニア州イングルウッドにあるフォーラムでローマン・ゴンサレスに挑戦し判定負けを喫したもの善戦している。

 井上は、海外のコアなファンに評価される一方で、まだ実力者と戦っていないという声も少なくない。そういった意味でもゴンサレスと善戦し判定までいったアローヨと、ゴンサレスのアンダーカードで戦う意味は大きい。アローヨに印象的な勝ち方をすれば、そのインパクトは計り知れない。

 ゴンサレスが王座から陥落し”軽量級史上最大の戦い”の実現の期待感が薄れてしまったが、井上の米国デビュー戦が決まり、順当に2人が勝てば、再度、期待が高まることは間違いない。

(Via:elnuevodia

Sponsor Link

井上、ロマゴンの関連記事はこちら

井上尚弥、ロマゴンと9月米国で共演か?!

世界中のボクシング・ファンが望む軽量級最大のスーパーファイトは実現するだろうか。5月21日、超人的なクイックネス、爆発力で5度目の防衛戦に成功したWBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)が、パウンド・フォー・パウンド(PFP)3位に君臨する軽量級最大のビッグネーム・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と共演する噂が広まっている。 …

ロマゴン、シーサケットに破れ王座から陥落、長期政権が崩壊し向かう先は?!

世界中のボクシングファンにショックが襲った。こんな結果になると予想していたファン、関係者は少ないだろう。スーパーフライ級に転向し、以前より持ち前のパワー、フィジカルが通用しなくなったとはいえ、多くのファン、関係者がパウンド・フォー・パウンド(PFP)最高位に君臨していたローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の勝利を確信していたに違いない。 …

オススメ記事はこちら

亀海、コット、三浦、ベルチェルの一戦が英国BOXNATIONで生中継されることが決定!

英国の24時間ボクシング専門有料チャンネルの”Box Nation”が、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)、対、同級1位・三浦隆司(帝拳)の一戦、プエルトリカンの英雄、ミゲール・コットに挑戦する亀海喜寛(帝拳)の試合を生中継することを発表した。 …