IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)が次戦、米国現地時間2017年1月28日ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで、IBF世界フェザー級1位ジョナサン・バロス(アルゼンチン)を相手に3度目の防衛戦を行うことが決定した。

 同日はIBF世界フェザー級タイトルマッチを含め、豪華トリプル世界タイトルマッチが開催される。メインイベントとしてWBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ、王者カール・フランプトン(英)、対、レオ・サンタ・クルス(メキシコ)の再戦。

 セミファイナルは、WBC世界ライト級タイトルマッチ、王者デシャン・ツラティカニン(モンテネグロ)、対、マイキー・ガルシア(米)の一戦が行なわれる。セルビーはジョナサン・バロスとの指名戦に勝利し、カール・フランプトンとの英国人対決のビッグマッチを望んでいるという。

Sponsor Link

 セルビーの次戦がフランプトン、サンタ・クルスの同興行で行なわれることから、この興行の勝者同士が王座統一戦を行う公算が高い。しかし、WBC世界フェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr.(米)、WBA世界フェザー級王者アブネル・マレス(メキシコ)も居ることから、勝者によって次戦の対戦相手が大きく変わることもあり予測は難しい。

 仮にフランプトン、セルビーが勝利した場合。北アイルランドの地元ベルファスト他、英国で集客能力が高いフランプトンとセルビーが英国でビッグマッチが実現する可能性は極めて高い。英国のボクシング・マーケットはボクシングの本場である北米以上の人気を見せている。興行観点からしても英国での統一戦は理に適っている。

 フランプトンは米・東海岸ニューヨークでサンタ・クルスと対戦し、年間最高試合の候補となる試合を演出。ニューヨークという土地柄、アイリッシュのファンも多いがサンタ・クルスとの試合を通じて、フランプトンの名が現地ファンに認知されたことは確かである。

Sponsor Link

サンタ・クルスが勝利した場合

 「フランプトンに勝ってもらいたい。彼との戦いが決まればビッグマッチになるからね」
 
 そう語ったのはリー・セルビーである。もし、サンタ・クルスが勝利し僅差の判定となればラバーマッチも考えられ、セルビーが希望するビッグマッチは遠のくのが現状。セルビーがフランプトンの勝利を願うのは当然である。

 仮にサンタ・クルスが明確にフランプトンに勝利した場合、米・西海岸で知名度があるWBA世界フェザー級王者アブネル・マレス(メキシコ)との再戦が濃厚。サンタ・クルスが英国の地でセルビーと王座統一戦をすることは、サンタ・クルスにとってメリットはなく現実的ではない。米・西海岸の地でアブネル・マレスと再戦することは必至だろう。

2016年最も飛躍したフランプトン

 英国選手が米国の地で成功するケースは決して多くないが、多くの米メディアが2016年間最優秀選手の筆頭にあげるカール・フランプトンは米国で成功した良い例だろう。フランプトンは、地元ベルファストを離れ2015年7月米・テキサス州エル・パソで米国デビュー。

 2016年2月、ライバルであるスコット・クイッグ(英)との王座統一戦を経て、7月米・ニューヨークでサンタ・クルスとビッグマッチが実現。判定でサンタ・クルスに勝利し2階級制覇を達成。サンタ・クルス戦は、戦前ファンの間では批判的な意見も多かったが好試合を演出。年間最高レベルの試合を演じたことは疑いの余地はない。

 次戦は自身が夢見ていたボクシングの聖地ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで2017年1月28日サンタ・クルスとの再戦が決定。再戦に大舞台が用意されたことから米ケーブルTV局、アル・ヘイモン氏の期待感が高いことがわかる。

 フランプトンは、米・英で活躍できるハイブリッド選手へ成長を遂げた。2016年フランプトンにとって飛躍の年だったことは間違いないだろう。2017年英国人対決実現のため先ずは、明確にサンタ・クルスに勝利することが要求されることになる。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

関連記事はこちら

フランプトン、サンタ・クルス、プレス・ツアーが開始!

米国現地時間2017年1月28日ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで開催されるWBA世界フェザー級タイトルマッチ、王者・カール・フランプトン(英)、対、挑戦者・レオ・サンタ・クルス(メキシコ)のプレス・ツアーが開始した。 …

サーマン、ガルシア、2017年第1四半期、Showtimeスケジュール

「これらの戦いは高水準なハイレベルなマッチメーク、50ー50の戦いだ」そう語ったのはShowtime(米・大手ケーブルTV局)スティーブン・エスピノーザ氏である。待たれていた2016年後半から、2017年第1四半期のスケジュールが発表された。 …

セルビー、フランプトンと2017年王座統一戦を希望した!

先日、IBF世界フェザー級挑戦者決定戦で次期挑戦者の視察に日本へ来日したIBF世界フェザー級王者・リー・セルビー(英)は、はやくも次戦のジョナサン・バロス(アルゼンチン)との指名戦を12月に希望。セルビーの気持ちは既にバロス戦以降、2017年ビッグマッチにフォーカスしているようだ。 …

マレス、2017年フランプトン、サンタ・クルスの勝者と対戦を望んだ!

現地時間2016年12月10日米・カリフォルニア州ロサンゼルスのUSCキャンパス内にあるガーレン・センターでWBA世界フェザー級王者・ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)への挑戦をひかえる元3階級制覇王者・アブネル・マレス(メキシコ)が、クエジャール戦後ビッグマッチを望んでいることを明かした。 …