ロック・ネイション・スポーツ(RNS)、ミゲール・コット・プロモーションズは現地時間19日、記者会見を開きミゲール・コット(プエルトリコ)が次戦、米国現地時間2017年2月25日テキサス州フリスコにあるフォード・センターで、ジェームス・カークランド(米)と対戦することを正式に発表した。
 
 試合はHBO(米・最大手ケーブルTV局)がPPV(ペイ・パー・ビュー)で配信。PPV価格は65ドル前後になる見通しとなっている。この試合は153パウンドの契約ウェイト、スーパーウェルター級 12回戦として行なわれる。

 セミ・ファイナルには、WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)が、同級暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)の王座統一戦が組み込まれる予定となっている。

 約15ヶ月振りにリングへ復帰するミゲール・コットは「リングへ戻りファンへ素晴らしいショーを提供することができると思うと興奮するね。トレーニング・キャンプ入りし、2月25日に試合をすることが待ちきれないよ。

 ジェリー・ジョーンズ氏が創ったこの美しいフォード・センターで初となるボクシング・イベントができることは、私にとって多くのモチベーション、エネルギーとなる。」と述べた。

Sponsor Link

 カネロに敗れた以来およそ21ヶ月ぶりにリングへ復帰するジェームス・カークランドは「コットのような偉大なファイターを相手にリングに復帰できることに興奮しているよ。

 以前トレーナーを務めていたアン・ウルフと再び組むことになったんだ。絶頂期のカークランドが戻ってきたことを証明する為、これまで以上にトレーニングするつもりだ。ファンが知ってのとおり、この試合は最後までエキサイティングな試合内容になる。」と述べている。

 コットをプロモートするRNS マイケル・ヨーマーク氏は「RNSを代表して、フォード・センターで初のボクシング・イベントがミゲール・コットの復帰戦に決まったことに興奮しています。

 米テキサス、フリスコのファンにとっても常にアクションがあるエキサイティングな試合になる。この試合はHBO PPVで行なわれる歴史的なイベントとなる。」と述べている。

Sponsor Link

 カネロに敗れたもの同士の試合であるが、一見すればこのマッチメークは悪くはない。カークランドは好戦的なファイターであり試合が始まれば、終わるまでエキサイティングな内容になることは間違いない。

 コットはフレディ・ローチと組みスキルフルなファイターへ転身した。カークランドはパワーがあるがディフェンス面に難がある。コットがそこを攻略してくればショッキングなKO劇もあるだろう。

 ただ、36歳を迎えおよそ15ヶ月ぶりに復帰戦を行うコットのコンディショニングも気になるところ。カークランドのパワーがコットに炸裂すれば逆の結果となることも十分考えられる。斬新さはないマッチメークだが、こういった意味も含めて興味深い一戦となるだろう。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

コット、カークランドの関連記事はこちら

コット次戦2017年2月25日の対戦相手カークランドが同意!

米国現地時間2017年2月25日、テキサス州フリスコにあるフォード・センターで計画されているミゲール・コット(プエルトリコ)の再起戦の対戦相手として浮上しているジェームス・カークランド(米)がコット戦に同意したことが明らかとなった。 …

ミゲール・コット次戦2017年2月25日カークランドとの試合が大筋合意!

コット・プロモーションズ ブライアン・ペレス氏は現地時間12月7日、米・スポーツ専門メディアESPNに対し、元4階級制覇王者・ミゲール・コット(プエルトリコ)が、2017年2月25日米・テキサス州フリスコにあるダラス・カウボーイズの新たな本拠地フォード・センターで、ジェームス・カークランド(米)を相手に再起戦を行うことを伝えた。 …

オススメ記事

増刊!WBC、2017年世界王者への指名戦、挑戦者決定戦を指令!

Sponsor Link  WBC(世界ボクシング評議会)の第54回年次総会が、米国現地時間12月11日よりフロリダ州ハリウッドで開幕。WBCマウリシオ・スライマン会長は、毎年恒例となっている各階級の王者への指名挑戦者と、指名挑戦者決定戦を発表した。 …

in44y

入札前に合意できるか交渉の行方に注目が集まっていたWBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と、同級WBA正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)の一戦が合意に至った。ゴロフキン、ジェイコブスはソーシャル・メディア、ツイッターを介し、正式契約に至ったことを発表した。 …

入札前に合意できるか交渉の行方に注目が集まっていたWBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と、同級WBA正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)の一戦が合意に至った。ゴロフキン、ジェイコブスはソーシャル・メディア、ツイッターを介し、正式契約に至ったことを発表した。 …