米・大手ボクシング・プロモーター トップランクの新たな顔の1人、ボブ・アラム氏も太鼓判を推すWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)の初防衛戦がいよいよ今週末に迫った。ロマチェンコは米国現地時間2016年11月26日、ネバタ州ラスベガスのコスモポリタン・ホテル内に併設されている「ザ・チェルシー」で、ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)と初防衛戦を行う。 

 トップランク ボブ・アラム氏は、ロマチェンコのスキルを絶賛「ロマチェンコは、モハメド・アリ以降、私が見た中で最高峰のスキルをもったファイターだ。ロマチェンコのようなスキルを持ち合わせているファイターは見当たらないね。

 勿論、モハメド・アリ以降、アレクシス・アルゲリョ(ニカラグア)、フロイド・メイウェザーJr.(米)、マニー・パッキャオ(フィリピン)ら素晴らしいファイターが誕生していることは事実だけど、ロマチェンコのようなスキルを持つ選手はいない」と語った。

 これを聞いたウォータースは「ロマチェンコのキャリアは素晴らしいよ。ただ、あの偉大なモハメド・アリも敗戦してるんだ。勿論、彼がサリドとの敗戦からおおきく成長しコンプリート・ファイターになっていることは認識している。

 ただ、彼はキャリアで敗戦しにがい思いを経験し無敗ではない。私は、キャリアで敗北による苦い経験もなく無敗だ。土曜の試合のあとも無敗のレコードを維持するつもりだ」と語っている。 

Sponsor Link

ロマチェンコ、マルチネスに勝利し評価を上げた

 北京、ロンドン五輪の金メダリストのロマチェンコ、周囲は世界最高峰のスキルを認めながらも、あまりに平坦な試合内容に苦言を呈す声も少なくなかった。しかし、2016年11月にニューヨークで行われたローマン・マルチネス(プエルトリコ)戦で関係者、ファンの間でロマチェンコの評価も大きく変わったことは間違いない。
 
 ロマチェンコはプロモーターとの弊害により、実質フェザー級でのビッグマッチが困難となり、階級をスーパーフェザー級へ上げマルチネス戦への挑戦が決定。マルチネス戦、序盤から持ち前のスピードを活かし、多段にポジションを変化させ攻撃し終始マルチネスを寄せ付けず圧倒した。

 スーパーフェザー級でパワーが通用するか疑問視する声も多かったが、フェザー級時代よりスピード、パワーにも磨きがかったように思えたほどだ。ロマチェンコは、この試合で世界最短となる2階級制覇を達成。そんな記録より、観客をわかせる試合内容で関係者から絶賛されファンに与えたインパクトのほうが大きかった。

 この日、ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン・シアターに集まった観客は、ロマチェンコのセンセーショナルなKO劇に目を奪われたことは言うまでもなく、今後に期待できる選手として認識しただろう。

 今後、重要な試合をマルチネス戦で披露したような印象的なKO劇を飾れば、ロマチェンコの評価は更に上がり報酬もあがり更に飛躍する舞台が用意されるはずだ。まずは、その重要な一戦にあたるウォータース戦、試合内容と勝ち方が問われることになるだろう。

(Via: boxingscene

Sponsor Link

ロマチェンコの関連記事

ロマチェンコ、次戦ウォータースとの試合が正式に決定!

トップランク(米・大手ボクシングプロモーター)は米国現地時間、2016年11月26日米ネバタ州ラスベガスにあるコスモポリタン・ホテル内に併設されている「チェルシー」でWBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)と初防衛戦を行うことを正式に発表した。 …

Sponsor Link

ロマチェンコ、ライト級でパッキャオとの戦いに同意!

トップランク(米・大手ボクシングプロモーション) ボブ・アラム氏が、マニー・パッキャオ(フィリピン)と、WBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との戦いを考えていることを明かした。  ボブ・アラム氏は、ライト級(135パウンドリミット)〜140パウンド(スーパーライト級リミット)の間でキャッチ・ウェイトで行いたい意向を示している。 …