米・スポーツ専門メディアESPNは、2016年11月5日米・ネバタ州ラスベガスで、元2階級制覇王者・ブライアン・ビロリア(米)のインタビューを行い、近くビロリアが帝拳プロモーションズと正式契約する見通しであることを伝えた。

 ブライアン・ビロリアは同日行われたマニー・パッキャオ(フィリピン)の復帰戦で、フィリピンへ配信するフィリピンTV局の解説を務めていた。ビロリアは、「日本で最も有力プロモーターである本田明彦氏が率いる帝拳プロモーションズと所属契約をするところだ。

 私はスポーツを愛している。これは5歳から続けてきたことだしパッション(情熱)もある。私はこれをする為に生まれてきたと感じているんだ。ただ、現実的にみれば35歳という年齢を考えれば残された時間は限られてくる。
 
 ただ、35歳だけどそういったことは全く感じていないだ。これが私が現役続行を決めた理由だよ。」と語っている。

Sponsor Link

 ビロリアのマネージャーを務めるゲイリー・ギトルソン氏は、ビロリアの契約条件の最終確認を行い、正式契約に向けペーパーワークを残すみ。契約に関しては双方で基本合意してる模様。

 ライトフライ・フライ級の第1戦で活躍してきた日本でも馴染みのブライアン・ビロリアも年齢は35歳。ビロリアがいうとおり残された時間は限られてくる。

 軽量級のマーケットがある日本で、海外トップ・プロモーターと関係性のある帝拳プロモーションズと契約することは、今後マッチメークにおいて有利に働くことは間違いない。
 
 アメリカで、WBC世界スーパーフライ級王者・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の活躍もあり、アメリカで軽量級のマーケットの需要が高まったとはいえ、注目される選手は限られてくる。

 WBO世界フライ級王者にはトップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)傘下のゾウ・シミン(中国)が君臨。ゾウ・シミンは、2017年ASIA圏内で、ドニー・ニエテス(フィリピン)と対戦する噂がある。

再起戦に勝利後は、ゾウ・シミン、ニエテスがターゲット

 ビロリアは、WBO世界フライ級王者・ゾウ・シミンの他、ドニー・ニエテスとの対戦に興味を示しているという。ビロリアの再起戦は日本で2017年1月に計画されている。

 ビロリアは、アメリカ以外、フィリピン、中国マカオでのキャリアも持つ。帝拳プロモーションズはトップランク、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)など大手プロモーターとの関係性も良好である。

 つまり、ビロリアが再起戦に勝利すれば、帝拳プロモーションズが窓口となり、ASIA圏内、北米でビッグマッチのアンダーカードなど、マッチメークの幅も広がり、タイトル奪取を狙うビロリア陣営のメリットは大きい。

 現状では、ビロリア陣営はWBO路線に方針を固める可能性は極めて高い。なぜなら、ゾウ・シミンは中国で絶大な人気があり集客能力も高い。ビロリアはマカオでの実績もある。日本での開催より、中国マカオやASIA圏内で開催するほうが興行収益は見込めるだろう。

 勿論、現時点で再起戦も決まっていない段階で現実的な話ではないが、フライ級他にはIBF世界フライ級王者・ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)、ドニー・ニエテス(フィリピン)などフィリピン人ボクサーも多く、フィリピン系アメリカ人のビロリアとの一戦が決まっても興味深い一戦となりそうだ。

(Via:ESPN

Sponsor Link

ビロリアの関連記事はこちら

ブライアン・ビロリア、次戦2017年1月日本で復帰戦か?!

元2階級制覇王者・ブライアン・ビロリア(米)が、帝拳プロモーションズと契約することが大筋合意。再起戦が2017年1月日本で計画されていることが分かった。  ブライアン・ビロリアのマネージャーを務めるゲイリー・ギトルソン氏は、帝拳プロモーションズと共同でブライアン・ビロリアをプロモートしていく方針であることを明かし、2017年1月に再起戦を行いたい意向であることを示した。 …

オススメ記事

ケル・ブルック、次戦2017年スペンスJr.と防衛戦か?!

英国大手・ボクシングプロモーター マッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏は、IBF世界ウェルター級王者・ケル・ブルック(英)がウエルター級王座を返上せず、次戦はIBF(国際ボクシング連盟)から指令のあるエロール・スペンスJr.(米)との指名防衛戦に意欲を示していることを明らかにした。 …

Sponsor Link

内山高志、次戦勝利すればロマチェンコ戦か?!

トップランク(米・大手ボクシングプロモーション) ボブ・アラム氏は2017年はじめにも、今後トップランクの新たな顔となるであろうWBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、同級WBA王者との王座統一戦のプランを明かした。,アラム氏、ロマチェンコ、ウォータースの勝者とコラレス、内山の対戦プランを発表  トップランク(米・大手ボクシングプロモーション) ボブ・アラム氏は20