ワールド・オブ・ボクシングのアンドレイ・リャンビンスキー氏は、12月3日ロシア、モスクワにあるメガスポーツ・アリーナでIBF・IBO世界スーパーライト級王者・エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)の防衛戦を行うことを発表した。

 現時点では対戦相手は未定。近日中に発表される見通しとなっている。トロヤノフスキーの防衛戦は、興行のメインイベント、WBA・IBF世界クルーザー級王者・デニス・レベデフ(ロシア)、IBF世界クルーザー級2位のムラト・ガシエフ(ロシア)のアンダーカードとして構成される。

 他、出場選手としてWBC世界クルーザー級4位のドミトリー・クドリアショフ(ロシア)、北京五輪ヘビー級金メダリストのIBF世界クルーザー級12位ラキーム・チャキエフ(ロシア)らの出場が決定している。

Sponsor Link

 トロヤノフスキーの対戦候補にWBC・WBO世界スーパーライト級テレンス・クロフォード(米)が浮上したが、クロフォードはジョン・モリナJr.(米)との対戦が大筋合意。次戦は地元オマハで防衛戦を行うことからトロヤノフスキーの候補からは外れそうだ。

 WBA世界スーパーライト級王者・リッキー・バーンズ(英)は怪我で負傷中のことから王座統一戦は難しそうだ。トロヤノフスキーは、2016年9月9日モスクワのクリリヤ・ソヴェトフで小原佳太と対戦し2回TKO勝利。次戦は選択防衛戦の見通しとなっている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

オススメ記事

クロフォード、モリナ戦が大筋合意、ヘイモン氏と共催

トップランク(米・ボクシングプロモーター) ボブ・アラム氏が現地時間27日、米・スポーツ専門メディアESPNに対し、WBC・WBO世界スーパーライト級統一王者・テレンス・クロフォード(米)が、米国現地時間2016年12月10日米・ネブラスカ州オマハにあるセンチュリーリンク・センターで、ジョン・モリナJr.(米)を相手に防衛戦を行うことを大筋合意したことを明かした。 …

Sponsor Link

in44y

GBPを離脱したシェーファーがプロモーターとして戻ってくる  ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)をオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏と設立し、2014年デ・ラ・ホーヤ氏と方向性の違いからGBPを辞職した敏腕プロモーター、リチャード・シェーファー氏が新会社「リングスター・スポーツ」を設立。2016年12月10日プロモーターとして戻ってくる。 …

サーマン、ガルシア、2017年第1四半期、Showtimeスケジュール

「これらの戦いは高水準なハイレベルなマッチメーク、50ー50の戦いだ」そう語ったのはShowtime(米・大手ケーブルTV局)スティーブン・エスピノーザ氏である。待たれていた2016年後半から、2017年第1四半期のスケジュールが発表された。 …