2016年末この試合を楽しみにしていた日本のファンは多いだろう。12月17日米カリフォルニア州イングルウッドにある「ザ・フォーラム」でWBC世界スーパーフェザー級ランキング1位三浦隆司(帝拳)、同級ランキング3位オルランド・サリド(メキシコ)の間でWBC世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦が予定されていたが、サリドが負傷したことにより中止となった。

 ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ CEO エリック・ゴメス氏は現地時間17日、サリドがトレーニング中に負傷したことを受け、12月17日に決まっていた三浦隆司、オルランド・サリド戦の中止を発表。代替カードとしてバーナード・ホプキンス(米)の引退試合が組み込むことを発表した。

 オルランド・サリドの怪我の詳細など明らかとなってないが、エリック・ゴメス氏は、オルランド・サリドは、三浦隆司との試合に向けトレー二ングを開始。座骨周辺に痛みを感じていたという。主治医の診断結果から安静を勧められたことを明かしている。

Sponsor Link

勝者は、フランシスコ・バルガスへの挑戦が事実上決定していた

 試合が中止となった三浦隆司は、本興行へ出場するかは未定。エリック・ゴメス氏は三浦隆司の出場と合わせて、WBC(世界ボクシング評議会)と暫定王座決定戦の方針について協議すると述べている。

 三浦隆司、オルランド・サリドの両選手は、WBC世界スーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)と戦い共に敗れている。バルガスが年内に防衛戦を行えない為、WBCは暫定王座を設置を決定。両者は事実上バルガスの持つ王座への挑戦権をかけて戦うことが決まっていた。

 三浦隆司は、バルガスとの試合が米・メディアが表彰する2015年間最高試合を総なめ。米国ファン、関係者の間で、強打の応酬、最後までスリリングな試合を演じる三浦の評価を上げたことは事実。三浦は、この試合を通じてボクシングの聖地ラスベガスに大きな爪痕を残したことは間違いない。

 対するサリドもバルガスの試合が2016年間最高試合にノミネートされることが濃厚。ファン、関係者の間ではバルガスと年間最高試合を演じた2人が試合を行えば「年間最高試合」となると話題を集めていたことは言うまでもない。

カネロの恩恵もあったが、残念な結果に

 三浦、サリドの交渉は大筋合意済みで殆ど、HBO(米・最大手ケーブルTV)局の承認待ちであった。HBOは今年に入りボクシング中継の予算を大幅に削減。HBOはWBO世界スーパーウェルター級王者・サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)など興行価値の高い選手に中継枠を絞り、高品質のマッチメークを厳選し中継枠を決定していたのである。

 三浦、サリドは米国のファンも望む好カードだが、大幅な予算削減に見舞われた影響で最終決定できずにいた。しかし、12月17日米・ニューヨークで興行を予定していたカネロが怪我の為試合が中止。予算確保が出来たことで試合が決定した。

 三浦、バルガスの勝者が、2017年WBC世界スーパーフェザー級王者・フランシスコ・バルガスと再戦となることは事実上決定している。高い視聴件数も見込め大舞台となることは間違いなかったはずだ。それだけに、非常に残念の結果となってしまったが、三浦はまだ暫定王座決定戦のチャンスがあることから今後の動向に注目したい。

(Via:The Ring

Sponsor Link

三浦、サリドの関連記事はこちら

三浦隆司、オルランド・サリドとの試合が12月17日米・カリフォルニアで決定!

グローバル化が進んだ現代、何もボクシングに限った話しではないが誰もが世界へ挑戦できる時代。近年、日本人ボクサーも北米のリングに立つ機会が増えている。  それまで、米国では日本人ボクサーは過小評価されてきた感があったが、西岡利晃の米本土での防衛をはじめ、石田順裕が、カークランドに勝利。 …

Sponsor Link

バルガス、年内ミゲール・ローマンとの対戦を希望!再戦を目指す三浦、サリド戦の行方

フランシスコ・バルガス、ミゲール・ローマンとの対戦に意欲的  WBC世界スーパーフェザー級王者・フランシスコ・バルガス(メキシコ)が、WBCランキング2位ミゲール・ローマン(メキシコ)との防衛戦に意欲的であることが分かった。バルガスは治療の経過次第では、2016年内にミゲール・ローマンとの防衛戦を行いたい意向を示している。 …

三浦隆司、ミゲル・ローマンとWBC暫定王座決定戦か?!

WBC世界スーパーフェザー級王者・フランシスコ・バルガス(メキシコ)が2016年内の復帰を諦め、2017年にリング復帰を検討してることが明らかとなった。これにしたがって、三浦隆司(帝拳)の世界再挑戦が浮上した。  …

ロマチェンコ、オルランド・サリドとの再戦交渉が難航

トップランク(米・ボクシング・プロモーター) が、2016年10月米カリフォルニア州カーソンにあるスタブハブ・センターで計画しているWBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、オルランド・サリド(メキシコ)の再戦交渉が難航していることが明らかとなった。 …