三浦隆司(帝拳)、オルランド・サリド(メキシコ)の間で争われるWBC世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦が行なわれる2016年12月17日、興行を主催するゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)の仕事はまだ続きそうだ。

 トリプル・ヘッダーで検討されている同興行のアンダーカードに、主要4団体のトップコンテンダー、WBC世界スーパーライト級1位アントニオ・オロスコ(メキシコ)の出場が検討されていることが分かった。

 GBP CEOエリック・ゴメス氏は、「オロスコの出場には医師からの許可が必要なんだ。彼は、アブネル・ロペス戦でひどいカットをしたからね。今は、スパーリング以外のトレーニングを初めたところだよ。

Sponsor Link

 医師からの許可がでれば戦うことはできるけど、傷はまだ癒えていないように見える。これから、HBO(米・最大手ケーブルTV局)ピーター・ネルソン氏とトリプル・ヘッダーのカードについて協議するつもりだよ」と語っている。

https://www.youtube.com/watch?v=4wrfQum3xPo

 アントニオ・オロスコは、2016年7月30日米・カリフォルニア州インディオにあるファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノで、アブネル・ロペスと対戦し12回3-0の判定勝利を収めている。

 アントニオ・オロスコは元オリンピアン、現WBO世界ウェルター級王者・ジェシー・バルガス(米)、北京五輪代表のハビエル・モリナ(米)にアマチュア時代勝利している。知名度こそまだ低いが、海外メディアは期待のホープとして注目している。

 最近では、スティーブ・フォーブス(米)、エマニュエル・テーラー(米)、ウンベルト・ソト(メキシコ)と対戦し勝利を収め順当にキャリアを積んでいる。2017年強豪ひしめくスーパーライト級のトップ戦線に食い込んで来る選手だろう。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

三浦、サリドの関連記事はこちら

三浦隆司、オルランド・サリドとの試合が12月17日米・カリフォルニアで決定!

グローバル化が進んだ現代、何もボクシングに限った話しではないが誰もが世界へ挑戦できる時代。近年、日本人ボクサーも北米のリングに立つ機会が増えている。  それまで、米国では日本人ボクサーは過小評価されてきた感があったが、西岡利晃の米本土での防衛をはじめ、石田順裕が、カークランドに勝利。 …

オススメ記事

アーロン・プライヤー死去

アーロン・プライヤー 60歳で死去  ボクシング界、中量級のレジェンド、アーロン・プライヤー氏が現地時間9日、60歳で死去した。フランキー夫人は「最愛のアーロンが午前5時57分、家族に囲まれ自宅で亡くなったことを発表することは悲しいです。  彼は”The …