トップランク(米・大手ボクシングプロモーター)が抱える期待のプロスペクト、WBO世界フェザー級王者・オスカル・バルデス(メキシコ)の初防衛戦の相手に、WBO世界フェザー級ランキング1位大沢宏晋(ロマンサ雅)が浮上した。

 オスカル・バルデスは次戦、2016年11月5日ネバタ州ラスベガスにあるトーマス&マック・センターで開催されるWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、ジェシー・バルガス(米)、マニー・パッキャオ(フィリピン)のアンダーカードに出場することが内定している。

 試合は、トップランク・TVがペイ・パー・ビュー(PPV)配信。オスカル・バルデスの初防衛戦はPPV配信される見通しとなっている。
 
 他アンダーカードとして、WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、ノニト・ドネア(フィリピン)が、同級ランキング1位ジェシー・マグダレノ(米)を相手に2度目の防衛戦を行うことが決まっている。

Sponsor Link

 大沢宏晋は37戦(30勝(内KO19)3敗4引き分け)。介護士ボクサーと知られ、ファイト・マネーは全て大阪市、身体知的障害者団体等に全額寄付している。

 2012年12月16日、韓国ソウルの冠岳区民会館で行われたWBOアジア太平洋暫定タイトルマッチ、ジェイソン・ブターブター(インドネシア)と対戦し9回KO勝利を収め初防衛戦に成功。しかし、この時JBC(日本ボクシング・コミッション)はWBOアジア太平洋王座をタイトルマッチとして認定していなかった。

 JBCは、大沢宏晋に対し試合がWBO太平洋暫定タイトルマッチとして開催されることを知りながら試合に出場したことに対し、1年間のライセンス停止及び保持していたOPBF東洋太平洋フェザー級タイトルを剥奪することを決定している。

 大沢宏晋はこのあと、大星ボクシング倶楽部からロマンサ雅ジムへ移籍している。
 
(Via: boxingscene

Sponsor Link

関連記事はこちら

パッキャオ、ドネア11月5日に共演がほぼ決定!バルガスのアンダーカードへの出場が大筋合意

ノニト・ドネアの次戦はジェシー・マグダレノが濃厚  フィリピンの2大スーパースターの共演が観れそうだ。米国現地時間2016年11月5日に復帰戦が決定したマニー・パッキャオ(フィリピン)のペイ・パー・ビュー(PPV)アンダーカードに、WBO世界スーパーバンタム級王者・ノニト・ドネア(フィリピン)が参戦する見通しであることが分かった。 …

パッキャオ、バルガス戦が合意2017年ビッグマッチ実現へ

2016年4月に現役引退を正式に表明し最近、現役復帰を示唆していたフィリピンの英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)は10日、11月に現役復帰戦を行うことを正式に発表。WBO世界ウェルター級王者・ジェシー・バルガス(メキシコ)へ挑戦し王座返り咲きを目指す。  現地時間9日、マニー・パッキャオは、フィリピン・マニラ市内でトップランク(米・ボクシング・プロモーター) …