トップランク(米・大手ボクシング・プロモーター) ボブ・アラム氏は現地時間11日、マニー・パッキャオ(フィリピン)の復帰戦の候補の1人として挙がっていたエイドリアン・ブローナー(米)との交渉が決裂したことを明らかにした。

 ボブ・アラム氏は、エイドリアン・ブローナーを傘下に収めるアル・ヘイモン氏と、パッキャオ、ブローナー戦の交渉に従事。アル・ヘイモン氏は、エイドリアン・ブローナーにパッキャオ戦のオファーをしたが、ブローナーが巨額の報酬を要求した為交渉は決裂した。

 ボブ・アラム氏は、「マニーはリングに戻ってくるが、日程は分からない。彼は、復帰戦の為2〜3週間フィリピンを離れることが可能かフィリピンの大統領と協力している。マニーは上院議員となりフィリピンでやるべきことをする準備が必要だが、マニーは間違いなくリングに復帰する。我々はマニーの復帰戦の相手を用意しておくことが出来る。」と述べている。

Sponsor Link

 ボブ・アラム氏は、マニー・パッキャオが復帰戦を行うことを前提に、米国現地時間2016年10月15日ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・イベント・センターを予約したことを発表。対戦候補として、エイドリアン・ブローナーの他、フロイド・メイウェザーJr.(米)との再戦、WBA世界ウェルター級王者・キース・サーマン(米)、テレンス・クロフォード(米)らを挙げていた。

 マニー・パッキャオの復帰戦が囁かれるが、現時点ではマニー・パッキャオ陣営から復帰戦についての発表は無い。ボクサーの引退は当にならないことが多いのは事実だが、パッキャオは2016年4月9日に行われたティモシー・ブラッドリー戦を最後に「政治活動に専念するためボクシングからは引退する」と正式に表明している。

 パッキャオは下院議員時代、本会議への出席率が1割も満たなく多くの批判を浴び、上院選出馬に関しても疑問視する声は多かった。上院議員となれば責任の範囲も広がり、政治活動も本格的に忙しくなる。ただ、パッキャオのお金の問題は有名。パッキャオの試合は1試合、数十億円の報酬が見込める。果たして、上院議員1年目で復帰戦を行うのだろうか。

関連記事:
パッキャオ、ブローナー復帰戦を否定!

(Via: boxingscene