ロック・ネイション・スポーツ(RNS)は、アンドレ・ウォード(米)が次戦、米国現地時間2016年8月6日カリフォルニア州オークランドにあるオラクル・アリーナで、WBAライトヘビー級10位、WBC、WBOのトップコンテンダーにランクするアレクサンデル・ブランド(コロンビア)を相手に行なわれることを正式に発表した。

 試合はアンドレー・ウォードのホームである「オラクル・アリーナ」で行われ、HBO(米・最大手ケーブルTV局)が10時30分(ET/PT時間)から中継を開始する。チケットは既に、ticketmaster.comから販売が開始。券種は、$300,$120,$90,$30にサービス料金が掛かる。

 RNS COO デビッド・イスコウィッチ氏は、「アンドレ・ウォードは、地球上で最も優れたライト・ヘビー級ファイター、No.1パウンド・フォー・パウンド(PFP)ファイターになるためウォードの探求は8月6日に続く。

Sponsor Link

 アレクサンデル・ブランドは、ウォードとの戦いを去年から待っている。彼は、ウォードから歴史的な勝利を得る為、ハングリーな状態でリングインすると確信している」と語っている。

 ウォード、ブランドの一戦は2015年11月17日、コット、カネロのアンダーカードで試合を行う予定だったが、ウォードがトレーニング・キャンプ中に怪我をした為、試合はキャンセルとなっていた。

 次戦の候補としてアクレクサンデル・ブランドの他、ネイサン・クレバリー(英)、エリック・スコグラウンド(スウェーデン)との交渉が進められていたが合意に至ることは無かった。

 アンドレ・ウォードは2016年11月19日米・ネバタ州ラスベガスにある「T-モバイル・アリーナ」で、WBA・WBO・IBF世界L・ヘビー級統一王者・セルゲイ・コバレフ(ロシア)との対戦が条件付きで、ウォード、コバレフ陣営、HBO(米・最大手ケーブルTV局)の間で合意している。

 ウォード、コバレフの直接対決前に、コバレフは7月11日ロシアでWBA世界L・ヘビー級12位のアイザック・チレンバ(マラウイ)を相手に防衛戦を行う。

関連記事:
ウォード、コバレフ前哨戦の相手はアレクサンデル・ブランドか?!

(Via: ESPN