WBC世界フライ級王者・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)、WBC世界スーパーフライ級王者・カルロス・クアドラス(メキシコ)の対戦交渉が最終局面を迎えていることが分かった。ローマン・ゴンサレス、カルロス・クアドラスの両陣営は大筋合意。報酬面で両陣営が合意することができれば正式合意は近い。

 既に、カルロス・クアドラスは、トレーナーを務めるルディ・エルナンデス氏と共にゴンサレス戦に向け、ロサンゼルスでトレーニング・キャンプを開始。「交渉は順調に進んでいる。HBO次第」と述べている。

 ローマン・ゴンサレスは、「クアドラスは素晴らしいファイターだよ。この戦いはビッグファイトになる。クアドラスもこの戦いを望んでいるし、あとはプロモーター次第だよ」と述べている。

Sponsor Link

 カルロス・クアドラスは、「いつでもゴンサレスと戦う準備は出来ている。彼のこと?恐れてないよ。ゴンサレスとの試合はボクシング・ファンが望んでいる試合だ」との述べている。
 
 開催日程は米国現地時間2016年9月17日、24日、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催することを目標に進められている。ローマン・ゴンサレス、カルロス・クアドラスは、帝拳プロモーションがプロモート。障害もなく試合実現の可能性は限りなく高い。

 しかし、試合実現の鍵を握るのは最終決定権を持つといってもいいHBO(米・最大手ケーブルTV局)だろう。HBOは親会社のタイム・ワーナーの業績不良も有り、2016年のボクシング中継の予算は激減。ゴンサレス、クアドラスは高い報酬を望んでいることも有り、合意に向けての最大の難関は報酬面となりそうだ。

関連記事:
ロマゴン、次戦クアドラスが最有力候補か?!

(Via: boxingscene