プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)は、米国現地時間2016年6月3日、フロリダ州ハリウッドにあるハードロック・ホテル・カジノで、IBF世界ライト級王者・ランセス・バルテレミー(キューバ)が、ミッキー・ベイ(米)を相手に初防衛戦を行うことを発表した。試合は、SpikeTVが午後9時(ET時間)より中継する。

 ランセス・バルテレミーは、「ミッキー・ベイとの試合は、私とデニス・シャフィコフの試合前に起こる噂があったことを知っているよ。ミッキー・ベイとの試合が起こることは必然だっだんだ。135パウンドで初防衛戦だけど何も心配してないよ。私はもう新人ではないしね。この試合は、ミスを最小限にし最も効果的な戦略をとる必要があると思っているよ」とコメント。

 2015年6月、ミッキー・ベイは保持していたIBF世界ライト級王座を返上。ミッキー・ベイは、「手を負傷しタイトルを返上しなければなかった」と王座返上した理由を説明した。「トレーニング・キャンプは素晴らしいよ。私は、1ヶ月以上ハードなトレーニングに取り組んでいる。

Sponsor Link

 私には、ボクシング界で最も優れたチームが付いているし、知識と経験が豊富なトレーナーが付いている。バルテレミーも優れたスキルを持っているし面白い試合になる。彼は、2階級制覇した無敗のチャンピオンだし、挑戦できることを楽しみにしているよ。」とコメントしている。

 ミッキー・ベイは、2014年9月13日米・ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナでIBF世界ライト級王者・ミゲル・バスケス(メキシコ)と対戦し、12回(2−1)の判定勝利を収め王座奪取に成功した。その後、IBF(国際ボクシング連盟)はミッキー・ベイに対し、同級ランキング1位のデニス・シャフィコフ(ロシア)との指名防衛戦を指令。
 
 ミッキー・ベイは、2016年4月30日にネバタ州ラスベガスにあるパームス リゾート・カジノにある「パール」で、デニス・シャフィコフとの交渉が成立仕掛けたが、ミッキー・ベイが20万ドルの報酬に不満を示し、IBFの入札となった。

 トップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)が7万8千ドルで落札。報酬は、ミッキー・ベイが75%の5万8千ドル、挑戦者・デニス・シャフィコフが25%の1万9千500ドルで確約したが、ミッキー・ベイは王座返上を発表した。

関連記事:
王座放棄!ベイ、IBFはバルテレミ、シャフィコフ王座決定戦を指令

(Via: ESPN