WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)の米国デビューが決まった。サンダースをプロモートするマッチルーム・ボクシングは、11月9日米ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターでサンダースの防衛戦を行うことを正式に発表。サンダースの防衛戦は、メーンを務めるYouTuber対決KSI対ローガン・ポール再戦のアンダーカードにセットされる。

 マッチルーム・ボクシングUSAの舵取りをするエディ・ハーン氏は「ビリーの米国デビュー戦がきまって嬉しいよ。彼は160ポンド、168ポンドの中でベストの1人として知られているし、彼はベストであることを証明する機会を望んでいた」とコメント。対戦相手は決まってないが来週にも契約する見通し。

Sponsor Link

 サンダースをプロモートするエディ・ハーン氏は、米国で売出したい選手らを一挙にこのイベントに集結させる気だろう。なにせ、メーンを務めるYouTuberの2人KSI、ローガン・ポールは桁外れの集客力を誇る。「KSI対ローガンの再戦はボクシング界に良い影響をもたらす」とハーン氏は躍起。プロモーターはこの機会を逃すはずがない。

 KSIはイギリスの人気YouTuberでチャンネル登録者数は2000万人。対する、ローガン・ポールは米国で人気のYouTuberで登録者数は1980万人とKSIに負けない人気だ。英国マンチェスター・アリーナで行われた第1戦は、YouTubeでPPV(ペイ・パー・ビュー)有料配信され何と100万人以上が購読した実績がある。再戦はカリフォルニア州のコミッションにライセンス交付を受けプロ・ボクシングで行われる。

 サンダースは、英老舗プロモーターのフランク・ウォーレン氏と離別し新たにマッチルームと契約した初戦が米国デビュー戦となる。サンダースは「プロ・デビュー戦のような感じだよね。アメリカのボクシング・ファンの前で戦うのは楽しみだ。」とコメント。実は、サンダースは2018年10月に米国でWBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドレード(米)相手に防衛戦を行うことが決まっていたが、ドーピング検査で禁止薬物のオキシロフリンが検出され、試合が中止となっている。

 「ステイプルズ・センターは素晴らしい会場だし試合当日には20,000人が集まると予想されている。KSI対ローガンの再戦は英国のみならずアメリカでもポピュラーだしこのカードは売れると思う。素晴らしいショーになると思うよ」とメーンカードに期待を寄せた。アンダーカードには、サンダースの他WBC暫定ライト級王者デビン・ヘイニー(米)の出場が予定されている。

(Via: ESPN

Sponsor Link

関連記事

サンダースがDAZNと提携するマッチルームボクシングと契約!