WBC・IBF2つのライトヘビー級王座を支柱に収めるアルツール・ベテルビエフ(ロシア)と同級1位メン・ファンロン(中国)/16戦全勝10KOの指名戦が3月28日カナダ、ケベックで行われることが決まった。ESPN(米スポーツ専門チャンネル)が中継、近く正式発表される

 当初、中国で開催される予定だったがカナダに移ることになった。IBF(国際ボクシング連盟)による指名戦は合意に至らず興行権は入札となり、中国のロングジョイ・スポーツが190万ドル(約2億800万円)で、ベテルビエフと契約するTopRank(米有力プロモーター)の入札額131万5000ドル(約1億4400万円)を上回り興行権を落札したが、期限までにデポジットを入金することができなかったことで、次点の入札者TopRankに興行権が移った。

 ベテルビエフは契約を巡りトラブルになったが、北米を中心にプロモーションを手掛けるTopRank社と契約を結び問題は解消。2019年10月米フィラデルフィアのリアコウラス・センターでWBC世界ライトヘビー級王者オレクサンドル・グウォジク(ウクライナ)と統一戦を行いTKOで勝ちIBF王座の防衛に成功しWBC王座を支柱に収めた。

Sponsor Link

ベテルビエフの関連記事

ベテルビエフIBF指名戦は3月カナダ・ケベック開催が濃厚

Sponsor Link